眼瞼下垂~悩まされていた頭痛が解消したケース

本日はクリスマス。昨日は設計士のS氏と数人で仙台名物光のページェントがよく見えるお店にて一杯やっていました。

光のページェント
このイルミネーションはLEDだというからびっくりです。今年は年末まで点灯しているそうなので仙台まで足を運ぶのもいいと思いますよ。


本日ご紹介する症例は、頭痛に悩まされているため、精査するも問題ないと言われていた方で、もしかすると「眼瞼下垂」なのでは?と相談された方です。

教科書や大学の教授のお話にも眼瞼下垂には肩こりや頭痛が起こると書かれていたり説明を受けたりします。また、テレビでもそう紹介されておりました。

原理としてはフルに開眼しづらいので、眉毛を挙上させ、額の筋肉を使うことからこのような症状が出やすいのだと考えられています。

症例を見てみますと、術前は確かに眉毛の位置が高く、眉毛上の筋肉が緊張をしております。

手術は、「眼瞼挙筋腱膜前転術」を行いました。挙筋腱膜は特に左側が瞼板から完全にはずれており眼球が結膜を通して透けて見えるほどでした。

1ヶ月後の写真を見ますと、眉毛の位置が下降し眉毛上の筋肉も落ち着いているように見えます。

患者さんは「頭痛が解消した」と述べております。確かに眼瞼下垂が原因だったのでしょう。

しかしながら、眼瞼下垂を治療しても頭痛や肩こりがすべて治るという訳ではないのでまずは、診察を受け、執刀医とよく相談されることが必要だと考えています。

眼瞼挙筋前転術は http://yoda1aps2clinic.blog52.fc2.com/blog-entry-19.htmlを参照して下さい

術前
左側>右側の眼瞼下垂。 眉毛の挙上が強い。

術前上方視
術前上方視。左側は上がりが悪い。

術後1ヶ月
術後1ヶ月。眉毛の位置が下降した。

術後1ヶ月上方視
術後1ヶ月上方視。まだ腫れがあるが、挙筋機能は良好。



よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です


↓↓↓ 参考になった方は是非、クリックをお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村


↓↓↓ いつもクリックありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだ形成外科クリニック

Author:よだ形成外科クリニック
よだ形成外科クリニックのとあるスタッフ 
男性形成の予約を担当しています
院長は依田拓之(Hiroyuki Yoda M.D.)
包茎治療、ED、AGAの治療を自分の経験を含めて
このブログにて情報発信していきます。
よだ形成外科クリニック 形成外科・美容外科
仙台駅前 080-1857-9679(男性形成専用)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
QLOOKアクセス解析