植皮術~自分の皮膚を移植する

もうすでに12月。クリニックの入り口は手作りでささやかなクリスマスツリーをこしらえました。雰囲気でているでしょうか?クリニック内にはところどころクリスマスのアイテムがありますので、来院された際には探してみて下さい。

クリニックツリー

 指のケガの治療は、専門知識が必要です。特に皮膚の問題は体と異なり余裕がないため、修復には苦労する場合があります。

 今回紹介する症例は、転倒した際、粗い壁面に指を引っかけ受傷されたという方です。
小指の遠位関節のケガは皮膚が欠損しており、このまま治癒させては関節の動きに問題が生じるためなんらかの修復が必要でした。

 指は露出部分であるため、整容的な観点も考慮に入れて、手から欠損範囲に応じた皮膚を採皮し、植皮をすることとしました。

 植皮は、自分の皮膚でなくては生着しません。形成外科医にとって、「手術は植皮に始まり植皮に終わる」と言われるほど、最も基本的な手術のひとつです。私も初めての手術は植皮術でした。

 植皮は皮膚をのっければくっつくというわけではありません。採取する皮膚の厚さを自在に操れる技術、ずれないように固定する技術が求められます。

 美容外科においては、植皮はタトゥーの除去に行います。臀部より薄い皮膚をダーマトームという機械で、私の場合には電動でなくマニュアルで微調整しながら、最大10cm×20cm大の皮膚を取ることができます。

 皮膚を採皮するのは美容外科の場合失敗が許されませんので、形成外科の基礎をどれだけ行ってきたかと言うことが勝負の分かれ目になります。

受傷時
受傷時。小指遠位関節の皮膚欠損。このまま直すと関節の動きに支障が出ます。

手術時
手術時。皮膚の質感が近いところから皮膚を採皮しました。

10日目
10日目。無事に皮膚が生着しました。

1ヶ月後
1ヶ月後。整容的にもグッドです。関節も問題ありません。ゴルフを楽しんで下さい!

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です


↓↓↓ 参考になった方は是非、クリックをお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村


↓↓↓ いつもクリックありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだ形成外科クリニック

Author:よだ形成外科クリニック
よだ形成外科クリニックのとあるスタッフ 
男性形成の予約を担当しています
院長は依田拓之(Hiroyuki Yoda M.D.)
包茎治療、ED、AGAの治療を自分の経験を含めて
このブログにて情報発信していきます。
よだ形成外科クリニック 形成外科・美容外科
仙台駅前 080-1857-9679(男性形成専用)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
QLOOKアクセス解析