FC2ブログ

晩秋の小旅行をして参りました

今回は、中学時代のクラス会と
友人の展示会見学を兼ねての旅行でもありました。

師走に入り、一段と寒さも厳しくなって参りました。
インフルエンザに罹る患者様も増えてきたようです。

くれぐれも体調管理には、十分お気を付けて、
良い年を迎えられることを祈っております。

石垣で休むカワセミ

10月ザクラ

カラフルなもみじ

静かに咲く侘助

マユミ越しに見える古民家の工事

今回最初は横浜市鶴見区西部にある
馬場花木園」を訪れてみました。

仙台では、紅葉の見頃は終わりですが、
花木園はこれからが
秋本番と云ったところでした。

豊かな緑に包まれた、
野鳥も集まる和風の庭園で、
池のまわりを中心に、
四季折々の花々を
楽しむことが出来る公園のようです。

当日も「カワセミ」を、
写真愛好家の人達が、
超望遠レンズで撮っていました。

この時季に咲く「10月ザクラ」、
和風庭園にお似合いの「侘助」も撮ってみました。

また今回は
2週にわたっての休暇を頂いての旅でしたので、
一寸気ままに写真を撮ってきました。

秋谷・立石海岸

最初に連れて行って頂いたところは、
秋谷・立石海岸。

富士山を背景にした「立石」の夕景は、
絶景と言う事で連れて行って頂きましたが、
当日は雲が垂れ込めていて、
期待していた富士山も
夕陽も見ることも出来ませんでした。

写真に載っている素適なカップルも、
さぞ残念だったことでしょう。

横須賀ベルニー公園(A)

横須賀ベルニー公園の夜景(B)



帰りに横須賀港の見える「横須賀ベルニー公園」で夜景を撮ってみました。

友人の柳井さんと長女

大巧寺

ほととぎす

小紫式部

藪椿

南天桐

藪椿可憐な一輪

イワフジ

 
2日目は友人の柳井さんと私の長女が
案内をしてくれました。

待ち合わせ場所は、
鎌倉駅の目の前のお寺「大巧寺」でした。

「おんめさま」の愛称で多くの参拝者訪れる、
安産祈願のお寺で、
境内はこじんまりしているのですが、
この時季の花が沢山咲いておりました。

花の写真が撮りたいと、
私のたっての希望を汲んでの、
友人の配慮と分かりました。

境内に入ると、ほととぎす、
小紫式部、藪椿、南天桐、が迎えてくれます。

藪椿群の中に可憐な一輪も見つけました。

イワフジも存在感が有りました。

本堂に向かって奥に進むと、
初めて聞く名前の花達にも出会えました。

民家の軒下を走る江ノ電

極楽寺駅にはポストがお似合い

極楽洞から出てくる江ノ電


次は江ノ電に乗って
極楽寺に連れて行って頂きました。

江ノ電は、
以前乗ったかどうか思い出せませんが、
民家の軒下を通る区間もある事は知っていました。

極楽寺駅で降りて、木造の小さな駅舎、
無人駅、
駅前にはコンクリート製の赤いポストも立っていて、
いかにも鎌倉といった雰囲気を感じました。

極楽寺に向かう途中、
赤い欄干の桜橋が有ります。

その桜橋を見下ろすと、
江ノ電で唯一レンガ造りのトンネルに出会います。

長谷駅~極楽寺駅間にある、
全長200mのトンネルで、極楽洞と呼ばれております。

極楽洞から出てくる江ノ電の勇姿を、
写真に収めることが出来大満足でした。

極楽寺山門

極楽寺境内を覗く


次に極楽寺を見学致しました。

茅葺の山門を抜けると
敷石・桜並木の長い参道があります。

春には桜のトンネルで賑わう事と思います。

夏は真っ赤な花を付けるであろう、
百日紅の大木が印象的でした。

ただ極楽寺の境内では、
写真、スケッチが禁止されているのが、
写真に収めることが出来ず残念でした。
茅葺の山門と山門の外から境内の写真を撮らせて頂きました。

品格のあるお寺の印象を受けました。

老舗の和菓子屋 力餅家


極楽寺坂切通を下って、
長谷駅から鎌倉に戻りました。

途中、老舗の和菓子屋さん 力餅家で力餅をお土産に買いました。

お餅とあんこのハーモニーは、昔と変わらず、
美味しく頂きました。

日の出前の静かな海岸

日の出の瞬間


翌日の早朝、
野比海岸の日の出を拝んでから、
津久井浜のキャベツ畑に連れて行ってもらいました。

一面のキャベツ畑

キャベツ畑と富士山


キャベツに付着する朝露の光を撮って見たく、
お願いした次第ですが、
朝露が付いた
キャベツに出会うことが出来ませんでした。

しかし、偶然にも目の前に、
富士山が現れたのには、
思わずラッキーと叫んでしまいました。

お客さんで賑わう浅草雷門

宝蔵門と仲見世通り

浅草寺の五重塔

浅草寺境内からスカイツリーを望む

昔と変わらない甘味処 梅むら

昔と変わらない豆かんの味


最後の見学は浅草に決まりました。

京急長沢から浅草まで、
乗り換えなく行ける便利さに驚きました。

15,6年振りの浅草でしたが、
私には昔と変わらない浅草でした。

雷門の賑わい、仲見世通り、
宝蔵門の混雑は、15年前と同じでした。

浅草寺の境内から見える、
ノッポのタワーは以前にはありませんでしたが、
今では東京スカイツリーとして
浅草に溶け込んでいる様に感じました。

最後に昔はよく食べに来た、
浅草寺の裏にある、梅村の豆かん。

真っ黒で艶のある、割れもなく、
柔らかな豆と黒みつのハーモニーは最高でした。 

最後に今回の小旅行では、
千葉様ご夫妻、柳井様ご夫妻には
大変お世話になりました。

両ご夫妻には、過分なおもてなしを受けて、
大変恐縮いたしております。

改めて御礼申し上げます。

人気ブログランキングへ

よだ形成外科クリニックオフィシャルサイトはこちら→https://yoda-clinic.jp/

よだ形成外科クリニック院長の手術ブログはこちら → https://ameblo.jp/yodaclinicapsblog/

よだ形成外科クリニック滝澤副院長のブログはこちら→https://ameblo.jp/sendai-hki/

よだ形成外科クリニック男性形成専門サイトはこちら→https://yoda-clinic.jp/mens/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだ形成外科クリニック

Author:よだ形成外科クリニック
よだ形成外科クリニックのとあるスタッフ 
男性形成の予約を担当しています
院長は依田拓之(Hiroyuki Yoda M.D.)
包茎治療、ED、AGAの治療を自分の経験を含めて
このブログにて情報発信していきます。
よだ形成外科クリニック 形成外科・美容外科
仙台駅前 080-1857-9679(男性形成専用)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
QLOOKアクセス解析