眉毛下皮膚切除術 まぶたのリフトアップ


 先日、我が家にて不思議な事件が起こりました。長男がヒキガエルを捕まえて水槽にて飼育をしていたのですが、ある朝ふと見るとカエルがいないのです。ふたは閉まったままだったので、長男が外に持ち出ししまうのを忘れたのだろうと考えていたところ、絶対それはないというので家の中を探し回ったのでした。しかしいません。長男はカエルに「たかちゃん」という名前までつけていたのに…。
 数日後、干からびた「たかちゃん」が発見されました。水槽から近いシェルフの影で…。かわいそうに。しかしどうやってフタを空けたのだろうか?女性にとってはカエルそのものが苦手の方が多いと思われますので、この辺でこの話は終了します。

 眼瞼下垂とは、上まぶたが何らかの原因で十分に開眼されない状態で、そのためまぶたの重みを感じたり、眉毛を引き上げようとおでこを使うことが多く、頭痛肩こりが生じやすくなることもあるものです。
眼瞼下垂手術はまぶたを引き上げる眼瞼挙筋腱膜を修復する手術が多用されますが、上まぶたをいじる手術では二重になるため、一重の方には印象が変わってしまうということがあります。
そこで、一重のままでいたい、あるいは二重でも大きく印象を変えたくない場合には、眉下で皮膚を取り去る眉毛下皮膚切除術による方法がすすめられます。ただし、挙筋腱膜機能が弱いケースには適応とならないことがあります。
眉毛下皮膚切除術は、ダウンタイムも少なく、キズが眉下にできますが、お化粧を多用すればごまかすことも容易でしょう。


術前 まぶたの重みがあり一重。大きく印象を変えたくないとの希望


術後 約2ヶ月、視野が広がったとのお声をいただきました。


ラティース、先日矢崎先生に捕まえられてラティースを塗られてしまいました。まつげが伸びてしまうかもしれません。(1回のみですが)


ラティースに付属しているブラシです。斜にカットされていてうまく塗れるようになっています。

眼瞼下垂、ハムラ法、フェイスリフト、豊胸、脂肪吸引、ライムライト
よだ形成外科クリニック 
美容外科・形成外科・美容皮膚科 
予約専用022-266-1120
ホームページ http://www.yoda-clinic.jp
ただいま、脂肪吸引・脱毛・二重のキャンペーン中 詳しくはこちらへ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだ形成外科クリニック

Author:よだ形成外科クリニック
よだ形成外科クリニックのとあるスタッフ 
男性形成の予約を担当しています
院長は依田拓之(Hiroyuki Yoda M.D.)
包茎治療、ED、AGAの治療を自分の経験を含めて
このブログにて情報発信していきます。
よだ形成外科クリニック 形成外科・美容外科
仙台駅前 080-1857-9679(男性形成専用)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
QLOOKアクセス解析