初夏の花、アジサイそして睡蓮を撮って参りました

仙台も梅雨明け宣言がされ、本格的な夏に入ったと思いきや、
迷走台風5号の影響で、仙台七夕まつりも天気に恵まれず、
全国各地でも豪雨被害の報道もされておりました。

皆様の処は如何ですか。

季節の変り目、風邪など引かない様に、
体調管理には十分にお気を付けて下さい。

よだ形成外科クリニックスタッフTです。

この時季の楽しみの一つに、
自宅近くのアジサイ寺「慈雲山資福寺」にお参りして、
アジサイを拝見させて頂く事が、
私の恒例行事になっております。

今年は、珍しいアジサイがあると言う事で、
みちのく杜の湖畔公園アジサイをも見て参りました。

南ゲートから入ると、
正面に広がる彩のひろばも、
当日は7月中旬、平日、開門まもない時間でしたので、
静かな広場でした。

春にはパンジー、ビオラ、チューリップ、芝桜と云った、
華やかな花達の、幾何学模様に彩られた大花壇でしたので、
マリーゴールド、サルビアなどの夏の花に植え替えられたばかりの今は、
一寸淋しさを感じられました。

アジサイの小路

タマアジサイテマリタマ(A)
タマアジサイテマリタマ(B)

タマアジサイテマリタマ(C)


彩のひろば東側の丘に、古墳をイメージした休息所、
「彩の館」があります。

彩の館の裏の小路を行くと、
アジサイの小路に入ります。

各アジサイの根元には、
親切に花の説明がされておりました。

最初に目に止まったのが、透き通る様な純白で、
手毬のような形のタマアジサイでした。

蕾を包んでいた葉が裂けるように開花するのが特徴のようです。

セイヨウアジサイ(A)
セイヨウアジサイ(B)

セイヨウアジサイ(C)

アジサイ(A)

アジサイ(B)

蜜を吸う蜂


セイヨウアジサイは
欧米で品種改良されたアジサイで
在来種に比べて花が大きく鮮やかです。

またアジサイは花の色が次々に移り変わるので
「七変化」とも呼ばれるようです。

ヤマアジサイ甘茶

ヤマアジサイクレナイ(A)

ヤマアジサイクレナイ(B)

ヤマアジサイ七段花(A)

ヤマアジサイ七段花(B)

ヤマアジサイ紅額

ヤマアジサイ舞妓(A)

ヤマアジサイ舞妓(B)


次にヤマアジサイ5品種、聞きなれない名前ばかりでした。

葉に甘みを持つのが名前の由来で、
やや早咲きの甘茶。

アジサイの仲間で、
装飾花が最も赤くなる品種がクレナイ。

八重咲きで、
星形の装飾花が何段にも重なって見えるのが七段花。

江戸時代から知られる品種で、
装飾花が日当たりでは赤く発色する紅額。

手毬咲きアジサイの中では、もっとも小形で、
淡紫~白~ピンク色の装飾花が舞妓。

カシワバアジサイ(A)

a href="http://blog-imgs-110.fc2.com/y/o/d/yoda1aps2clinic/201708101415578af.jpg" target="_blank">カシワバアジサイ(B)


最後に北米東南部原産で
大きな花房と秋の紅葉が素的なのが、カシワバアジサイです。

ハンモックの森

わらすこ広場


アジサイの小路を奥に入って行くと、
夏期限定のハンモックの森が有りました。

涼しそうな、楽しい休息が出来そうです。

木々の間から、わらすこ広場が見えてきます。

ポンポン弾む、巨大なトランプリンで、
夢中になって遊んでいた頃の孫達の姿が思い浮かびます。

歩道を北方面に進んで行くと、彩のひろばの反対側に、
やすらぎの池があります。


やすらぎの池

睡蓮(A)

睡蓮(B)

睡蓮(C)


前回のブログ、ポピーを撮りに来た時にも、
一寸立ち寄った、やすらぎの池、私には何度来ても、
ほっとする場所です。

紫と白の菖蒲の花が綺麗に咲いていた記憶があります。

睡蓮もこれからと云ったところで、
小さな花がぽつぽつと咲き始めていたように思われます。

その時には、ガマの葉は気が付きませんでした。

ガマ(A)

ガマ(B)


ガマは、川岸、池沼の浅い場所に自生する多年草の草で、
休耕田など水気の多い場所にいつの間にか群生するようです。

ガマの花粉を乾燥したものを、
生薬で「蒲黄」(ほおう)と呼ばれています。
内服すると利尿作用、通経作用があるとされているようです。

中国の古書には、
蒲黄が止血や傷損にも効くと書かれていたようです。

「古事記」の因幡の白兎の神話では、
サメに毛をむしられた白兎の赤い肌を治すのに、
大国主の命がガマの穂綿を使って治したと言われているようです。

この話は、
薬草を使って、いろいろな病気やけがの治療にまつわる、
当時の人達の考え方を知る重要な手掛かりになり、
日本の医薬としての始まりとも言われているそうです。

睡蓮(D)

睡蓮(E)

睡蓮(F)

睡蓮(G)

睡蓮(H)


最後に同じ時期に咲く睡蓮とハスの違いが分かりますか。

① 睡蓮の葉は切込みが入っています。
  ハスの葉は切込みが無く真ん丸です。

② 睡蓮の花は水に浮かんでいるように咲いています。
  ハスの花は茎をのばした形で水面の上に出て咲いています。 

人気ブログランキングへ

よだ形成外科クリニック院長の手術ブログはこちら → 美への階段
よだ形成外科クリニック男性形成専門サイトはこちら→http://www.mens-plastic-surgery.com/

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科
http://www.yoda-clinic.jp/   
男性形性予約専用 080-1857-9679(男性が応答します)
AGA プロペシアの処方、ED バイアグラ・レビトラ・シアリスの処方、形成外科技術を駆使した包茎手術、男性の毛の悩み レーザー脱毛  
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓拍手のクリックをよろしくお願いします

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだ形成外科クリニック

Author:よだ形成外科クリニック
よだ形成外科クリニックのとあるスタッフ 
男性形成の予約を担当しています
院長は依田拓之(Hiroyuki Yoda M.D.)
包茎治療、ED、AGAの治療を自分の経験を含めて
このブログにて情報発信していきます。
よだ形成外科クリニック 形成外科・美容外科
仙台駅前 080-1857-9679(男性形成専用)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
QLOOKアクセス解析