広大なそば花畑を見て感動して参りました

8月後半、東北地方にも大きな被害を与えた台風9号、10号以降も、
台風が停滞していて、爽やかな秋を感じることが少ない此の頃ですが、
皆様は如何ですか。

季節の変わり目、くれぐれも体調にはお気を付けて下さい。

よだ形成外科クリニックスタッフTです。

9月14日
初秋の写真を撮りたく、山形に行って来ました。

月山をバックに、透き通った青空に、真っ赤なりんごをイメージしていましたが、
当日、天候は曇天、想像していたリンゴにも出会うことも出来ませんでした。

そば花畑(A)

そば花畑(B)

そば花畑(C)

そば花畑(D)

そば花畑(E)

そば花畑(F)

そば花畑(G)


山形のそばを食べずして帰るなかれ。”と言う事で5,6年前に行った、
茅葺の店で、更科そばを食べた、わら口そばに行くことにしました。

東根から国道13号線を北に行くと、道の駅村山の跨線橋を越して、
少し行ったところ、
県道36号線との交差点(左側にガソリンスタンド)を左折して、
次年子地区に向かう途中、
富並地区で36号線から一本左側の道路をいくと、
赤文字で「そば花畑」と書いた黄色の大きな看板が立っていました。

初めて見る広大なそば花畑、
雪の絨毯を敷き詰めたかの様な光景には、
大変感動致しました。

9月の初めから花が咲き始め、
たまたま通り掛かった9月14日は
最高に見頃の時期だったのでしょうか。

残念な事に来年はこの場所で、
広大な雪の絨毯を見ることは出来ないようです。

今年の、このそば花畑は、減反政策で見られた光景で、
来年の今頃は、きっと黄金色の稲が、
たわわに実っていることでしょう。

県道36号線に戻って、
北にしばらく登って行くと、
次年子地区のそば屋さんが見えてきました。

そして次年子地区の最後のお店、
手打次年子そばを過ぎて、15分位何もない山道を登って行くと、
県道30号線に突き当たります。

左折して、30号線を5分位行くと、
茅葺屋根の古民家が一軒ぽつんと建っていました。

本日休業

暖簾もなく、人影もなく、駐車している車が一台もなく、
わらぐちそばと書かれた看板が電柱に括り付けて有りました。

本日休業でした。

気を取り直して、次に選んだお店は、
大根のおろし汁とそばつゆで食べさせる、
「七兵衛そば」でした。

次年子の七兵衛そば

本日のおかずと大根汁

たわわに実る梨の実
梨の大木


ここのメニューは「食べ放題のもりそば」だけ。

当日の付け合わせは、
地元でとれた、わらび一本漬け、きくらげ、
そして昆布の煮物でした。

客はこの「おかず」をつまみながら
何杯でもそばをお代わりすることができます。

どんぶりいっぱいに盛られたそばは、
充分の腰が有り、
「ピリッと辛い」大根汁にそばつゆを注いで食べるのが、
ここの流儀で、大変美味しく頂きました。

ちなみに私は、どんぶり2杯半頂きました。

お店の前には、たわわに実る梨の実を付けた大木が印象的でした。

県道36号コスモス街道

可憐なコスモスの花

帰り道、富並地区の県道36号線沿道に咲く、
初秋の風になびくコスモスの姿も素敵でした。

自宅のベランダから

雲の合間から見る仲秋の名月

9月17日
中秋の名月(9月15日)の2日後、
台風一過の早朝、何気なくベランダから空を見上げると
仲秋の名月が西空を照らしていました。

手を合わせたくなる様な、
美しい満月がくっきりと見えるではありませんか。

直ぐに三脚をセットしてカメラに収めようとしているうちに、
雲が流れて来て20分足らずで雲に隠れてしまいました。

幸い雲の合間からの満月を撮ることが出来ました。


9月22日
一週間前、そば花畑を見て感動した、翌週の木曜日、
再度リンゴの撮影と、
わら口そばを食べに山形に行って来ました。

今回、りんご撮影は昨年の秋に寄った事の有る、
天童に行ってみました。

午後の天気が心配で、朝7時に出発しました。

途中山寺で小休止をして、
天童のフルーツロードを行くと、
赤いリンゴがたわわに生っている農園を見つけました。

後藤農園(A)

後藤農園(B)

山形オリジナル”秋陽”

失礼して写真を撮っていると、
農園で仕事をしているご主人にお会いしました。

この、後藤農園を経営なさっている、
後藤武彦さんでした。

ブログに載せる写真を撮らせて下さいとお願いすると、
にこやかな顔で快諾してくれました。

親切に説明をして頂いた後藤さん

ご自慢のリンゴと一緒にハイポーズ

昔のリンゴ娘Kさん


後藤さんは、JA天童で、リンゴ部長を長年務め、
ふじ、王林のほか、秋陽、ファーストレディなど
新品種のリンゴ栽培にも熱心に取り組まれている方です。

昔からリンゴ栽培が基幹産業の一つであった山形では、
常に効率的で高品質な栽培方法を研究されてきたそうです。

昭和45年に全国に先駆けて
袋をかけずに育てる「無袋栽培」に挑み、
地道な取り組みによって見事成功させたそうです。

「有袋との一番の違いは、味。
太陽もたくさん浴びるから、甘くなるのです。」

と後藤さんは説明していました。

山形が生んだ無袋栽培は、
今やすぐれたリンゴを育てるうえで、
欠かせない技術として広く普及されているそうです。

リンゴのような風貌の後藤さん、
親切な説明の後、
自慢の秋陽を手で割って「食べてごらん!」と差し出してくれました。

帰りに、お土産のリンゴを大サービスして頂きました。

本当に有難う御座いました。

天童から国道13号線で村山、
そして県道36号線で目的地「わら口そば」には10時前に到着致しました。

営業中ののぼり発見

わら口そば全景

わら口そば入口

栗の木、ススキもお出迎え

お店の前の風景

営業中の赤いのぼりを見て一安心しました。

みどりの暖簾が掛かると、
茅葺屋根の古民家が趣ある老舗のそば屋に変身していました。

田んぼと山に囲まれた山里にぽつんと建っている景色は最高でした。

早めに着いたので、お店と周りの景色を撮ってみました。

そば作りに忙しい女将さん

店の内部

ゲソ天、天ぷら、お新香の付け合わせ

一番粉を使った白いそば

親切に説明をしてくれた女将さん


店の中に入ってみると、
時間が早かったのか、お客様はまだ入ってなく、
私たち3人だけでしたので、店の中をゆっくり見せて頂きました。

女将さんは、そば作り、天ぷら揚げと忙しそうに働いておりました。

柱には「当店は一番粉を使っています」のビラが貼っておりました。

しばらくすると、注文した、出来たての品が運ばれてきました。

ゲソ天はボリューム満点、自家製の茄子とキューリの漬物、
そして天ぷらが付け合わせで付いて来ました。

最後に主役の一番粉を使った白いそばの登場です。

太めの更科そばと云った感じで、コシのある、
甘さを感じる、美味しいおそばでした。

茄子の漬物の一つにこの地域特製の漬物ペトラ漬がありました。

忙しい中、女将さんが来て下さり、親切、丁寧に説明して頂いたのが、印象的でした。

帰りに「あったまりランド深堀」に立ち寄り、
一風呂浴びて、大石田そば街道の旅は終わりました。

↓↓↓↓↓↓↓↓クリックをどうぞよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

よだ形成外科クリニック院長の手術ブログはこちら → 美への階段
よだ形成外科クリニック男性形成専門サイトはこちら→http://www.mens-plastic-surgery.com/

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科
http://www.yoda-clinic.jp/   
男性形性予約専用 080-1857-9679(男性が応答します)
AGA プロペシアの処方、ED バイアグラ・レビトラ・シアリスの処方、形成外科技術を駆使した包茎手術、男性の毛の悩み レーザー脱毛  
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓拍手のクリックをよろしくお願いします

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだ形成外科クリニック

Author:よだ形成外科クリニック
よだ形成外科クリニックのとあるスタッフ 
男性形成の予約を担当しています
院長は依田拓之(Hiroyuki Yoda M.D.)
包茎治療、ED、AGAの治療を自分の経験を含めて
このブログにて情報発信していきます。
よだ形成外科クリニック 形成外科・美容外科
仙台駅前 080-1857-9679(男性形成専用)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
QLOOKアクセス解析