7月の誕生花であり、夏の季語にもなっている、はすの花を撮って来ました。

今年の8月は異常気象続きで、
地元仙台では、
雨で低温の天気がほぼ1ヶ月近く続いていました。

三陸海岸を中心とした、この時季特有の気候、
やませの影響が、
岩手県、宮城県、福島県のみならず、
青森県から関東地方の
太平洋側の広範囲に出たのではないかと思うような天気でした。

皆様の処は如何でしたか。

厳しい残暑がやってくるかもしれません。
くれぐれも体調管理にはお気を付けて下さい。

よだ形成外科クリニックスタッフTです。

今回は、東京オリンピックのボート、
カヌー競技場候補として注目を浴びた、
長沼、そして隣の内沼に行って参りました。

はすの花は早朝に咲き始め、
午後には閉じてしまうと言う事で、
7時30分に自宅を出発しました。

はす遊覧同行のお二人

はすの花(A)

はすの花(B)

遊覧船用の水路

白さぎ(A)

はすの花(C)

はすの花(D)

はすの花(E)


東北自動車道築館インターで下りて20分、
9時過ぎに最初の目的地内沼に着きました。

7月の下旬から始まっているはす祭りも、
8月2日の当日は
遊覧船の乗り場は閑散としていました。

対岸の土手近くは
見頃の花も賑やかに咲いていると言う事で、
3人貸し切りの船に乗せて頂きました。

出発して10分位来たところで、
見ごろの花に出会い始めました。

適当な所で、5分位撮影タイムを取ってくれました。

2回目の撮影タイムには、白サギにも出会うことが出来ました。

30分の遊覧船での撮影後、次の目的地長沼へ向かいました。

船頭さんの説明

はすの糸

長沼ダムの水門

ボート場の風景(A)

ボート場の風景(B)

ボート場の風景(C)

長沼からボート場を望む


30分後長沼の遊覧船乗り場に到着しました。

長沼のはすは開花が早かったのか、
乗船客で大変賑わっておりました。

遊覧船の中での船頭さんの話で、
記憶に残った話が2つありました。

1、はすの茎から出る繊維は大変強靭で、
紡いだ糸で、僧侶の袈裟を作った話をしておりました。

 実際に近くのはすの花を取って、
茎を折り曲げると、茎の内部から細い繊維が出てきます。
その繊維をより合わせると、
糸になりました。強靭なしっかりした糸でした。

又、はすの花托に入っている、
実を取り出し試食をさせてくれました。
アーモンドナッツのような味がしました。

2、長沼はダム機能を持った天然湖であることを知りました。

 迫川下流部の治水目的のダムで、
下流の迫川の洪水を長沼に引き込み、
貯めこむことで、洪水調整をしているので、
水の循環が有り、水質の良い沼を
保つことが出来ているとも言っておりました。

また、長沼ダムの目的の一つに、
ボート競技の円滑な運営を図るための、
レクリェーション目的を有する補助多目的ダムであること。

今では、長沼ボート場は、
国内唯一の常設2,000m、
8コース公認コースのある、
日本最高峰のボートコースだそうです。

翌日の8月3日からは
南東北高校総合体育ボート競技が開催されるようでした。

若者たちの練習風景も撮ってみました。

帰宅後写真をチェックすると、
長沼で撮った写真、自分の操作ミスで、
ほとんど皆様にお見せできる写真が有りませんでした。

8月11日、再度、長沼参りをして参りました。


フートピア公園オランダ風車

フートピア公園から長沼を望む

長沼八景 比良場の暮雪

比良場から長沼を望む

2,000mボートコース スタート地点

笑顔が素的なSさん


長沼フートピア公園は、
ふるさと作り特別対策事業として、
平成元年、整備が始まり、
11年に完成されたようです。

長沼湖畔にある、
オランダ風車をシンボルとする公園で、
県内最長のすべり台、アスレチック遊具、キャンプ場などが有り、
家族で遊べるスケールの大きな公園です。

春には色鮮やかなチューリップが咲き誇り、
お花見も十分に楽しめそうです。

遊歩道の一番奥に、長沼八景 比良場の墓雪の碑あります。

そこに立つと長沼の全景を見ることができ、
眺望最高の場所です。

また真下にある、
国際A級規格のボートコースを持つ長沼ボート場の、
レース観戦も出来る、観覧席もあります。

我々3人がボート場の写真を撮りながら、
話をしていると、観覧席に一人で座っていた、
お嬢さんが親切に教えてくれました。

スタート地点、ゴールの判定の場所、
遠くスタート地点まで立っている鉄柱が
200m間隔で立てられていること、
各レーンには目印が付いていること等、
にこにこしながら話をしてくれました。

仙台の学生さんで、高校時代には、
ボートの選手をしていたようです。

最後に写真をお願いすると、
Sさんは快く受けてくれました。

はすの花(F)

はすの花(G)

はすの花とトンボ

はすの花(H)

長沼からフートピア公園を望む

長沼船着き場

長沼からボート場を望む

白サギ(B)

サンクチェアリセンター築館館

スワントピア交流館 ひしの実

ひしの実のオーナーシェフ


はすの花を巡る旅はこれで終わりにします。

最後に、お気に入りのレストランのある、
内沼に寄ると、
土手で白サギが迎えてくれました。

そのお気に入りのレストランとは、
サンクチュアリセンター築館館」の隣に建っている、
スワントピア交流館 ひしの実」です。

お母様がシェフで、
娘さんがお店の切り盛りしている、
気さくなお店です。

オリジナルティ豊かなメニューで、
美味しく、ボリューム満点、
お手ごろな値段で、雰囲気の良いお店でした。

是非一度寄ってみては如何ですか。

人気ブログランキングへ

よだ形成外科クリニック院長の手術ブログはこちら → 美への階段
よだ形成外科クリニック男性形成専門サイトはこちら→http://www.mens-plastic-surgery.com/

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科
http://www.yoda-clinic.jp/   
男性形性予約専用 080-1857-9679(男性が応答します)
AGA プロペシアの処方、ED バイアグラ・レビトラ・シアリスの処方、形成外科技術を駆使した包茎手術、男性の毛の悩み レーザー脱毛  
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓拍手のクリックをよろしくお願いします
プロフィール

よだ形成外科クリニック

Author:よだ形成外科クリニック
よだ形成外科クリニックのとあるスタッフ 
男性形成の予約を担当しています
院長は依田拓之(Hiroyuki Yoda M.D.)
包茎治療、ED、AGAの治療を自分の経験を含めて
このブログにて情報発信していきます。
よだ形成外科クリニック 形成外科・美容外科
仙台駅前 080-1857-9679(男性形成専用)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
QLOOKアクセス解析