快晴の蔵王の樹氷を見て参りました。

「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り、彼岸に入り、
地元仙台では、梅の花もほころび始め、
春を感じる季節になりました。

皆様の処は如何ですか。

季節の変わり目でもあります、
くれぐれもお身体には、お気を付けて下さい。

よだ形成外科クリニックスタッフTです。

3月の初日、4回目の蔵王樹氷の写真を撮りに行って参りました。

1回目、2回目はバスツアーでしたので、
天候は運任せ、結局天気に恵まれず、
写真を撮ることが出来ませんでした。

5年振りに、今年3回目に挑戦致しました。

2月22日、時季は最高、天気はまずまずと言う事で、
いつも一緒に行く友人の乾さんを誘って、
自宅を早朝6時出発致しました。

結果は、天気は思いのほか良く、
楽しい一日を過ごす事が出来ましたが、
肝心の写真撮影は失敗してしまいました。

前日の雪の影響で、新雪の部分が多く、
足を取られたりしているうちに、
設定の狂いに気が付かず、誤ったまま、
カメラ操作をしてしまった事が原因でした。

1週間後、4回目の蔵王の樹氷撮影を決行致しました。

3月に入り最後のチャンス、前日から天気も良く、
前回誘えなかった加山さんを誘っての決行でした。

ご高齢の女性と言う事もあって、
少し不安はあったのですが、前日から天気は安定していて、
当日は快晴の天気で、写真も思いのほか、
満足に取れたので、楽しい一日を過ごす事が出来ました。

蔵王山頂付近の樹氷(A)

蔵王山頂付近の樹氷(B)

山頂駅展望台から月山を望む
紺碧の空に浮かぶ月山
幸運を祈って鐘を鳴らす加山さん
肩まで雪に埋もれた地蔵尊
樹氷広場から山頂を望む
樹氷広場で遊ぶ人達
樹氷広場から月山を望む
樹氷探検(A)

樹氷探検(B)

樹氷探検(C)

巨大モンスター群(A)

巨大モンスター群(B)

巨大モンスター群(C)

モンスターに戯れる明るい若者達(A)

モンスターに戯れる明るい若者達(B)


カラフルな服装で明るいお嬢さん達、
気楽に色々なポーズをして頂きました。

白くまも可愛い
樹氷のツララ

今回は樹氷について調べてみました。

樹氷は不思議なもので、蔵王の他は青森の八甲田山、
秋田の八幡平など限られた地域にしか出来ないそうです。

インターネットの
「みやぎ蔵王の樹氷めぐり すみかわスノーパーク公式ホームページ」
に載っていた記事を抜粋させて頂きました。

樹氷の形成には4つの条件が必要な様です。

条件① 衝突・凍結・付着する為の樹木がある事。

 蔵王では、アオモリトドマツに氷と雪が付いて、
 大きな樹氷となるそうです。

 アオモリトドマツは亜高山地帯に生える常緑の針葉樹であります。

 櫛状のアオモリトドマツの葉は、樹氷の形を形成するのに最適だそうです。
 
条件② 気象条件

 冬型(西高東低)の気圧配置で冷たく乾いたシベリアからの季節風が吹き、
 適度な強風10m~15m/sec、
 適度な低温-10℃~-5℃のところだそうです。

条件③ 降雪量

 雪の少ない山では樹氷はできません、
 多すぎて樹氷の核となるアオモリトドマツが
 自生できなくてもいけません。

条件④ 多量の過冷却水滴の存在

 過冷却水滴が少ないと、樹氷の形成が出来ません。

 樹氷が出来る過程の中で、冷たく乾いたシベリアからの季節風は、
日本海を吹き渡る時に、
対馬海流(暖流)から多くの水蒸気を取り込み、
冷たく湿った風となります。

 この風が朝日連峰にぶつかり、上昇気流になる際に、
断熱膨張によって温度が下がり、
水蒸気中の海塩を疑結核として多量の雪を生成し、
雪雲を作り大雪を降らせます。

大雪を降らせた後の雪雲は、疑結核が使い果たされ、
残された水蒸気は、氷点下でも凍らない過冷却水滴となります。

 過冷却水滴は、非常に不安定な状態の為、
アオモリトドマツ等にぶつかった衝撃で、氷り付きます(着氷)。

 過冷却水滴が糊の役割をして、
その隙間に多くの雪片が取り込まれ(着雪)、さらに硬く締まる(焼結)、
という現象が繰り返され風上に向かって、
大きな樹氷へと成長していくそうです。

 樹氷の形成の過程で尾びれ状の氷着群となります。
その形状から「エビのしっぽ」と呼ばれるそうです。

エビのしっぽ(A)

エビのしっぽ(B)

山頂を目指す加山さん

スパイクをセットする加山さん

一日頑張った加山さんに乾杯


今回出発前には、ご高齢なこともあって、
お誘いするのを躊躇しましたが、弱音履くことも無く、
楽しげに歩いている姿を見て、感心した次第です。

入居以来、私共の親睦会の会計もされて、
デーサービスのボランティアもされる83歳に改めて乾杯!

隣のゲレンデではスノーボードを楽しんでいます

一休みのお二人さん

樹氷林で活躍するロープウェイ

左から月山、葉山、鳥海山を望む

樹氷・下りロープウェイから撮る(A)

樹氷・下りロープウェイから撮る(B)

蔵王温泉街・下りロープウェイから撮る


以上拙い写真をランダムに載せてしまった事をお許しください。

人気ブログランキングへ

よだ形成外科クリニック院長の手術ブログはこちら → 美への階段
よだ形成外科クリニック男性形成専門サイトはこちら→http://www.mens-plastic-surgery.com/

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科
http://www.yoda-clinic.jp/   
男性形性予約専用 080-1857-9679(男性が応答します)
AGA プロペシアの処方、ED バイアグラ・レビトラ・シアリスの処方、形成外科技術を駆使した包茎手術、男性の毛の悩み レーザー脱毛  
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓拍手のクリックをよろしくお願いします
プロフィール

よだ形成外科クリニック

Author:よだ形成外科クリニック
よだ形成外科クリニックのとあるスタッフ 
男性形成の予約を担当しています
院長は依田拓之(Hiroyuki Yoda M.D.)
包茎治療、ED、AGAの治療を自分の経験を含めて
このブログにて情報発信していきます。
よだ形成外科クリニック 形成外科・美容外科
仙台駅前 080-1857-9679(男性形成専用)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
QLOOKアクセス解析