快晴の蔵王の樹氷を見て参りました。

「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り、彼岸に入り、
地元仙台では、梅の花もほころび始め、
春を感じる季節になりました。

皆様の処は如何ですか。

季節の変わり目でもあります、
くれぐれもお身体には、お気を付けて下さい。

よだ形成外科クリニックスタッフTです。

3月の初日、4回目の蔵王樹氷の写真を撮りに行って参りました。

1回目、2回目はバスツアーでしたので、
天候は運任せ、結局天気に恵まれず、
写真を撮ることが出来ませんでした。

5年振りに、今年3回目に挑戦致しました。

2月22日、時季は最高、天気はまずまずと言う事で、
いつも一緒に行く友人の乾さんを誘って、
自宅を早朝6時出発致しました。

結果は、天気は思いのほか良く、
楽しい一日を過ごす事が出来ましたが、
肝心の写真撮影は失敗してしまいました。

前日の雪の影響で、新雪の部分が多く、
足を取られたりしているうちに、
設定の狂いに気が付かず、誤ったまま、
カメラ操作をしてしまった事が原因でした。

1週間後、4回目の蔵王の樹氷撮影を決行致しました。

3月に入り最後のチャンス、前日から天気も良く、
前回誘えなかった加山さんを誘っての決行でした。

ご高齢の女性と言う事もあって、
少し不安はあったのですが、前日から天気は安定していて、
当日は快晴の天気で、写真も思いのほか、
満足に取れたので、楽しい一日を過ごす事が出来ました。

蔵王山頂付近の樹氷(A)

蔵王山頂付近の樹氷(B)

山頂駅展望台から月山を望む
紺碧の空に浮かぶ月山
幸運を祈って鐘を鳴らす加山さん
肩まで雪に埋もれた地蔵尊
樹氷広場から山頂を望む
樹氷広場で遊ぶ人達
樹氷広場から月山を望む
樹氷探検(A)

樹氷探検(B)

樹氷探検(C)

巨大モンスター群(A)

巨大モンスター群(B)

巨大モンスター群(C)

モンスターに戯れる明るい若者達(A)

モンスターに戯れる明るい若者達(B)


カラフルな服装で明るいお嬢さん達、
気楽に色々なポーズをして頂きました。

白くまも可愛い
樹氷のツララ

今回は樹氷について調べてみました。

樹氷は不思議なもので、蔵王の他は青森の八甲田山、
秋田の八幡平など限られた地域にしか出来ないそうです。

インターネットの
「みやぎ蔵王の樹氷めぐり すみかわスノーパーク公式ホームページ」
に載っていた記事を抜粋させて頂きました。

樹氷の形成には4つの条件が必要な様です。

条件① 衝突・凍結・付着する為の樹木がある事。

 蔵王では、アオモリトドマツに氷と雪が付いて、
 大きな樹氷となるそうです。

 アオモリトドマツは亜高山地帯に生える常緑の針葉樹であります。

 櫛状のアオモリトドマツの葉は、樹氷の形を形成するのに最適だそうです。
 
条件② 気象条件

 冬型(西高東低)の気圧配置で冷たく乾いたシベリアからの季節風が吹き、
 適度な強風10m~15m/sec、
 適度な低温-10℃~-5℃のところだそうです。

条件③ 降雪量

 雪の少ない山では樹氷はできません、
 多すぎて樹氷の核となるアオモリトドマツが
 自生できなくてもいけません。

条件④ 多量の過冷却水滴の存在

 過冷却水滴が少ないと、樹氷の形成が出来ません。

 樹氷が出来る過程の中で、冷たく乾いたシベリアからの季節風は、
日本海を吹き渡る時に、
対馬海流(暖流)から多くの水蒸気を取り込み、
冷たく湿った風となります。

 この風が朝日連峰にぶつかり、上昇気流になる際に、
断熱膨張によって温度が下がり、
水蒸気中の海塩を疑結核として多量の雪を生成し、
雪雲を作り大雪を降らせます。

大雪を降らせた後の雪雲は、疑結核が使い果たされ、
残された水蒸気は、氷点下でも凍らない過冷却水滴となります。

 過冷却水滴は、非常に不安定な状態の為、
アオモリトドマツ等にぶつかった衝撃で、氷り付きます(着氷)。

 過冷却水滴が糊の役割をして、
その隙間に多くの雪片が取り込まれ(着雪)、さらに硬く締まる(焼結)、
という現象が繰り返され風上に向かって、
大きな樹氷へと成長していくそうです。

 樹氷の形成の過程で尾びれ状の氷着群となります。
その形状から「エビのしっぽ」と呼ばれるそうです。

エビのしっぽ(A)

エビのしっぽ(B)

山頂を目指す加山さん

スパイクをセットする加山さん

一日頑張った加山さんに乾杯


今回出発前には、ご高齢なこともあって、
お誘いするのを躊躇しましたが、弱音履くことも無く、
楽しげに歩いている姿を見て、感心した次第です。

入居以来、私共の親睦会の会計もされて、
デーサービスのボランティアもされる83歳に改めて乾杯!

隣のゲレンデではスノーボードを楽しんでいます

一休みのお二人さん

樹氷林で活躍するロープウェイ

左から月山、葉山、鳥海山を望む

樹氷・下りロープウェイから撮る(A)

樹氷・下りロープウェイから撮る(B)

蔵王温泉街・下りロープウェイから撮る


以上拙い写真をランダムに載せてしまった事をお許しください。

人気ブログランキングへ

よだ形成外科クリニック院長の手術ブログはこちら → 美への階段
よだ形成外科クリニック男性形成専門サイトはこちら→http://www.mens-plastic-surgery.com/

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科
http://www.yoda-clinic.jp/   
男性形性予約専用 080-1857-9679(男性が応答します)
AGA プロペシアの処方、ED バイアグラ・レビトラ・シアリスの処方、形成外科技術を駆使した包茎手術、男性の毛の悩み レーザー脱毛  
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓拍手のクリックをよろしくお願いします

江戸時代の町並を今に残す宿場「大内宿雪まつり」に行って参りました。

大寒波の影響で日本海側では、日常生活に困る程の、
大雪に見舞われた様子が、報道されていましたが、
皆様の処は如何でしたか。

地元仙台では、三寒四温の時期に入ったように思われます。

時節折、体調を崩されることなく、
春を迎えられることを祈っております。
 
よだ形成外科クリニックスタッフTです。

バスツアーを利用して、
10年前の秋に行った大内宿に再度行って参りました。

当日は、雪灯籠に灯りが灯され、
雪に覆われた茅葺屋根が幻想的に照らし出される、
雪まつりの初日です。

夕方から始まる「御神火載火」、
その後の「花火大会」を楽しみに参加させて頂きました。

雪の中のホテルリステル猪苗代

ホテル8階からゲレンデを望む


仙台駅東口を10時に出発した、
バスツアー最初の目的地は、
ホテルリステル猪苗代でのランチです。

猪苗代湖のスキー場も備えた、
18階建のリゾートホテルでのバイキングは、
味、ボリューム共に、二重丸でした。

 次の目的地は、会津柏屋での買い物です。

新幹線でも売られている、
薄皮まんじゅうで有名な和菓子屋さんです。

今回は、新幹線では売られていない、
つぶし餡を頂きましたが、上品な薄皮まんじゅうで、
これも二重丸でした。

会津末廣酒造入口

工場内説明
昔使われた道具の展示

会津の工芸・民芸品の展示

起き上がり小法師

 次の目的地は、1850年創業の末廣酒造の見学、
そして試飲、買い物です。

私は下戸なので、美味しいであろう地酒にも、
あまり関心は有りませんでした。

御免なさい。

ただ、なんとも愛らしい「起き上がり小法師」には大変興味がありました。

「起き上がり小法師」は会津民芸品の中でも、最も古く、
約400年前から作られていたそうです。

「転んでも、転んでも起き上がる」所から、健康や忍耐をあらわす縁起物だそうです。

最後の目的地は、バスツアーの目的でもある、「大内宿雪まつり」です。

ここでハプニングが起きてしまいました。

大寒波の影響か、大雪に見舞わられ、祭日(建国記念日)、
翌日は日曜日の連休で人出も多く、渋滞に巻き込まれ、
目的地に着いた時間は、
17時の予定が19時近くになってしまいました。

楽しみにしていた、「御神火載火」、「花火大会」も見ることが出来ず、
雪まつりも終わっていました。

灯りの灯っている所もありましたので、
帰りの時間を遅らせ、
19時45分まで雪の大内宿を見ることが出来ました。

足元を照らすローソクに点火する娘さん

雪に覆われた茅葺屋根

灯の消えた灯籠も一寸淋しげ

軒下のツララ

かまくらから乾さん

猫バスのかまくら?

灯の入った灯籠

ようこそ大内宿雪まつりへ

雪まつり会場も店じまい

蔵のかまくら
蔵のかまくらの内部
餅花もライトアップされて綺麗でした
お客様も少なくなった大内宿
雪も止んでおぼろ月夜もみられました


今回のバスツアーは残念な事もありましたが、
事故もなく全員無事に仙台に帰られた事が一番でした。

雪道でのチエーンの取り外しで苦労された運転手さん、
ハプニングに苦労なさった添乗員さんには、
改めて感謝のお礼を申し上げる次第です。

後日旅行主催会社からも、渋滞による大幅の遅れのお詫びと、
反省のお手紙を頂き、
嬉しい気持ちにもなりました。

人気ブログランキングへ

よだ形成外科クリニック院長の手術ブログはこちら → 美への階段
よだ形成外科クリニック男性形成専門サイトはこちら→http://www.mens-plastic-surgery.com/

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科
http://www.yoda-clinic.jp/   
男性形性予約専用 080-1857-9679(男性が応答します)
AGA プロペシアの処方、ED バイアグラ・レビトラ・シアリスの処方、形成外科技術を駆使した包茎手術、男性の毛の悩み レーザー脱毛  
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓拍手のクリックをよろしくお願いします

平成29年の幕開けは菖蒲田浜海岸の初日の出から始まりました

昨年中は、皆様にはご愛顧いただき有難う御座いました。
今年も宜しくお願い申し上げます。

よだ形成外科クリニックスタッフTです。

正月三ヶ日は、穏やかな天気に恵まれ、のんびりと過ごさせて頂きました。
皆様はいかがお過ごしでしたか。


久しぶりに天気に恵まれましたので、
水平線から登る初日の出を期待して、
菖蒲田浜海岸に行って参りました。

日の出は6時52分と言う事で、5時30分に出発いたしました。

大震災の前には、
孫を連れて2度程海水浴に行った思い出のある海岸でしたが、
大津波で甚大な被害を受けた地区だけに、心配して出掛けました。

防潮堤
高台に新築の家

海岸に着くと、以前の面影とは大きくかけ離れ、
総延長1,7k、
高さ6.8mの防潮堤が目の前に現れました。

防潮堤の前は、空き地になっていて、
当日は、初日の出を拝みに来た人たちの車でいっぱいでした。

6時30分頃到着しましたが、
防潮堤の上の黒山の人だかりには、びっくり致しました。

初日の出(A)

初日の出(B)

初日の出(C)

初日の出(D)

初日の出(E)


日の出まで30分近く余裕が有ると思い、
菖蒲田浜漁港の方に移動してみました。

適当な岩壁を見つけて
三脚を立てて撮影の準備をするうちに、
日の出の時刻が来てしまい、
空が赤くなってきました。

日の出前の静寂(しじま)の景色を撮ることが出来ませんでした。

もっと残念な事は、雲が掛かり過ぎて、
水平線からすっきりした御来光を拝むことが出来なかった事でした。

そして、太陽が上がりきってからの、
お日様の撮影の仕方の未熟さを思い知らされました。

一日置いた3日に改めて海岸にやって来ました。

3日の日ノ出(A)

3日の日ノ出(B)

菖蒲田浜海岸と七ヶ浜松

花火撮影の時に使った、
露出オーバーを防ぐ事の出来る、
ED4のフィルターを使ってみました。

又、地元の人達に親しまれている、
津波の被害を受けた一本の松が、
枯れかかりながらも、
6年間必死に生きている姿を撮ってみました。

菖蒲田浜漁港の朝

釣り客を送った船が戻って来る

新築の家も建ち始まる


以前、釣りを趣味にしていた友達の話だと、
釣り客も戻って来ているが、
以前の活気にはまだまだとの事。

そして防潮堤の工事と同時に、
新築の家も建ち並び、街らしくなってきたが、
道半ばの感じは否めないとのことでした。

正月二日目は、娘の家に行き、
新年の挨拶を交わし、おせち料理を頂きました。

午後からは、恒例の鹽竈参りに行って来ました。

鳥居

隋身門

唐門から本殿を望む

本殿には沢山の参拝者


第一駐車場から境内に入り、
杉木立の道を左に登って行くと隋身門に出ます。

以前元旦に来た時には、
隋身門の階段で入場制限をする程の、
混雑に遭遇いたしましたが、
今回は入場制限をするほどの混雑もなく、
隋身門から唐門を通って本殿でお参りすることが出来ました。

お参りの後、家族全員がおみくじを買って大騒ぎをして参りました。

ちなみに私の今年のおみくじは小吉でした。

“伸び代がまだまだある一年”と解釈致した次第です。

境内から千賀の浦を望む

四季桜(A)

四季桜(B)

帰りには、境内から見る塩釜港方面の景色、
冬に満開に咲いている四季桜は何度見ても感動致します。


最後は小正月の1月14日に開催された、
大崎八幡宮どんと祭に行って参りました。

松焚祭で賑わう大崎八幡宮

拝殿での参拝を待つ行列(A)

拝殿での参拝を待つ行列(B)

拝殿での参拝を待つ行列(C)


大崎八幡宮どんと祭は、松焚祭と呼ばれ、
三百年の歴史を有する、
全国でも最大級の正月送りの行事です。

神官の祈りの後の点火
燃え上がる御神火

御神火の参拝が始まりました

参道は裸参り一般参拝者で賑わっています

拝殿の内と外の様子


1月14日には、
境内の一角に近郷近在より持ち寄られた
門松・しめ縄・松飾りなどの正月飾りや古神札等を、
日没の頃「忌火」により点火され炊き上げられます。

この火は正月の間に各家庭に訪れていた神々を送る
「御神火」として、あたると心身が清められ、
一年間無病息災・家内安全の加護を得ると言われております。

また、この「御神火」を目指して参拝する「裸参り」があります。

白鉢巻・白さらしを巻き・口には私語を慎むために
「含み紙」と呼ばれる紙・右手に鐘・左手に提灯を持ち、
市内各所より数千人が参拝する様は、
杜の都・仙台の冬の風物詩になっております。

拝殿での参拝終了

大寒波 寒すぎる!(A)

大寒波 寒すぎる!(B)

早く御神火で暖をとりたい(A)

早く御神火で暖をとりたい(B)


参拝された皆様には、どうかご利益が御座いますことを祈っております。

↓↓↓↓↓↓↓↓クリックをどうぞよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

よだ形成外科クリニック院長の手術ブログはこちら → 美への階段
よだ形成外科クリニック男性形成専門サイトはこちら→http://www.mens-plastic-surgery.com/

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科
http://www.yoda-clinic.jp/   
男性形性予約専用 080-1857-9679(男性が応答します)
AGA プロペシアの処方、ED バイアグラ・レビトラ・シアリスの処方、形成外科技術を駆使した包茎手術、男性の毛の悩み レーザー脱毛  
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓拍手のクリックをよろしくお願いします

今年の最後は、“仙台光のページェント”と“輪王寺の初雪の景色”を紹介いたします

一年の経過の早さ、加速が付いたかのごとく感じられ、
戸惑っている私ですが、皆様は如何ですか。

よだ形成外科クリニックスタッフTです。

仙台光のページェント開幕の翌日あたりから、
ぱらぱらと雪の降る日が続き、3日目、
未明から本格的な雪が降り始め、
朝には仙台の街中でも雪が積り、
初雪と発表されました。

今年6月のブログで紹介した、
“アヤメが見頃の輪王寺の回遊式庭園”の
雪景色を見たく、出掛けてみました。

雪吊りの庭園

冬のチリメンカエデ


ちなみに、チリメンカエデの秋の顔は、

秋の燃えるようなチリメンカエデ

初雪としずく


厳寒に向かう中でも、新芽が育っています。

雪吊りと三重塔

中庭の枯山水(A)
中庭の枯山水(B)

初雪にもみじ


冬の輪王寺は如何でしたか。


翌日、仙台光のページェントを撮って参りました。

仙台ロイヤルパークホテル入口

泉パークタウン(A)

泉パークタウン(B)

泉パークタウン(C)

泉アウトレット

)泉パークタウン(D)


今年から泉区でも、
仙台光のページェント
見ることが出来る様になりました。

“仙台光のページェントin 泉パークタウン”と銘うって、
12月9日(金)~2017年2月28日(火)まで開催されます。

☆時間/17:30~22:00
☆会場/仙台ロイヤルパークホテル周辺

センターエリヤのメーンストリートが「光の株分け」で
約10万球のLEDに彩られます。

翌日2016 仙台光のページェントを定禅寺通りに行って見て参りました。

かほピョンファンタジーパーク

ビックツリー

ハートのオブジェ(A)

ハートのオブジェ(B)

ハートのオブジェ(C)

幸せなお二人の記念写真

光の回廊


勾当台公園では“かほピョンファンタジーパーク”として
昨年と同じように白を基調とした
イルミネーションが広がっておりました。

特にハートのオブジェには若いカップルが、
楽しそうに写真を撮っている姿が良く見かけます。

私も幸せのお裾分けを頂きたく、写真を撮らせて頂きました。

光の回廊も相変わらず人気が有りました。

シンボルツリー

素的なハーモニー


市民広場には高さ30mのヒマラヤスギを電球で飾った、
国内最大級のシンボルツリーが立っております。

電球がいくつ使われているか、気になるところです。

今年も純白のドレスを着たエンジェルが優しく迎えてくれました。

エンジェル像の迎えには大型テントブースが有り、
暖のとれるスタンディングバー形式のスペースで、
旬の食材にこだわったフード類や、
身体の温まるホットドリンクなどを提供しておりました。

当日、ステージには4人のグループが
素的なハーモニーを奏でておりました。

人力車

るーぷる仙台「光のぺージェント号

光の歩道

ページェントカー

光のページェント(A)

光のページェント(B)


杜の都・仙台の冬の風物詩として今回で31回目になりました。

これからも”仙台光のページェント“がいつまでも続く事を願って、
今年のブログを閉めさせて頂きます。

皆様には来年も良い年である祈っております。

↓↓↓↓↓↓↓↓クリックをどうぞよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

よだ形成外科クリニック院長の手術ブログはこちら → 美への階段
よだ形成外科クリニック男性形成専門サイトはこちら→http://www.mens-plastic-surgery.com/

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科
http://www.yoda-clinic.jp/   
男性形性予約専用 080-1857-9679(男性が応答します)
AGA プロペシアの処方、ED バイアグラ・レビトラ・シアリスの処方、形成外科技術を駆使した包茎手術、男性の毛の悩み レーザー脱毛  
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓拍手のクリックをよろしくお願いします

今回は近郊の紅葉を撮って参りました

早いもので、後一週間もすれば師走に入ります。

気忙しい時期になって参りました。

皆様は如何ですか。

インフルエンザも流行っております。
くれぐれも、お身体には十分お気を付けて下さい。

よだ形成外科クリニックスタッフTです。

地元宮城県の紅葉も、10月の初旬栗駒山に始まり、後半には泉ヶ岳、
二口渓谷と進み、11月に入ると、泉ヶ岳にも冠雪が見られました。

仙台の街中の紅葉も一気に進み、イチョウも色付き始め、
杜の都、仙台の面目躍如と云ったところです。

私も、近郊の公園、街路樹の紅葉を楽しんで参りました。

泉中央公園入口

落ち葉も秋を演出します

もみじが満開

グリーンのもみじも素的

カラフルな洋風空間

安らぎ広場

正面にある噴水広場


今回初めて入った、泉中央公園は、
泉区役所の西側に位置し、イズミティ21の隣にある中型の公園です。

手入れの行き届いた、大変上品な、綺麗な公園でした。

公園正面には、ライトアップされる様な、素的な噴水広場もあり、
夏の時期には、大変賑わった事でしょう。

勿論、この時季、紅葉した木々の当公園の雰囲気は最高でした。

七北田公園

公園入り口広場

孫と遊ぶ相棒

相棒の記念写真

メタセコイヤ

山もみじ

西洋風あずまや屋

泉ヶ池でカモと戯れる家族

芝生広場


七北田公園は、七北田花火大会の会場でもあり、
ユアテックスタジアム仙台、野球場、テニスコート、体育館、都市緑化ホール、
池も備わった総合公園です。

フィールドには、ジョギング、散歩コース、コンビネーション遊具がおかれた
、わんぱく大地はじめ、広大な芝生広場、季節の花が咲き誇る、
手入れの行き届いた花壇、木々がいっぱいの緑の公園です。

半年位前からは、相棒の散歩コースにもしております。

今回は、孫が散歩に付き合ってくれたので、相棒の写真も撮ってみました。

県庁前のイチョウ(A)

県庁前のイチョウ(B)

勾当台公園より県庁を撮る

園内の紅葉(A)

園内の紅葉(B)

初代横綱 谷風梶之助


青葉祭り、七夕祭り、仙台ジャズフェスティバル、
光のページェント等、仙台の大きなイベントの会場として、
仙台の文化の発信地的存在の公園が、勾当台公園だと思います。

今回も県庁前のイチョウと一緒に、公園内の紅葉を紹介させて頂きました。

仙台が生んだ江戸時代の大横綱 谷風梶之助の銅像も撮らせて頂きました。

愛宕上杉通のイチョウ(A)

愛宕上杉通のイチョウ(B)

歩道橋から撮る

広瀬通りのイチョウ(A)

広瀬通りのイチョウ(B)

広瀬通りのイチョウ(C)


最後にこの時季の締めくくりは、
愛宕上杉通り、広瀬通りのイチョウの並木道にさせて頂きました。

銀杏の被害も耳にしますが、仙台の秋の風物詩は、
何と言っても、両通りの目の覚める様な、イチョウの並木道だと思います。


↓↓↓↓↓↓↓↓クリックをどうぞよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

よだ形成外科クリニック院長の手術ブログはこちら → 美への階段
よだ形成外科クリニック男性形成専門サイトはこちら→http://www.mens-plastic-surgery.com/

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科
http://www.yoda-clinic.jp/   
男性形性予約専用 080-1857-9679(男性が応答します)
AGA プロペシアの処方、ED バイアグラ・レビトラ・シアリスの処方、形成外科技術を駆使した包茎手術、男性の毛の悩み レーザー脱毛  
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓拍手のクリックをよろしくお願いします
プロフィール

よだ形成外科クリニック

Author:よだ形成外科クリニック
よだ形成外科クリニックのとあるスタッフ 
男性形成の予約を担当しています
院長は依田拓之(Hiroyuki Yoda M.D.)
包茎治療、ED、AGAの治療を自分の経験を含めて
このブログにて情報発信していきます。
よだ形成外科クリニック 形成外科・美容外科
仙台駅前 080-1857-9679(男性形成専用)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
QLOOKアクセス解析