下まぶたのたるみ・ふくらみの改善~ハムラ法

こんにちは、よだ形成外科クリニックの依田です。
昨年の6月に開業して早8ヶ月が過ぎました。弱小クリニックにもかかわらず、最近は関東以西の患者さんにも受診していただき感激しております。みなさんの期待に添う手術結果を出すべく、海外の美容外科形成外科の医学雑誌なんぞまた購入して勉強を始めました。(なにかと忙しくそれどころではなかったのです。)

 ホームページのメールのお問い合わせの件でお願いがあります。携帯からの問い合わせの場合、ドメインの設定をよろしくお願いします。「info@yoda-clinic.jp」です。パソコンから返信ができないことがあるため、お手数ですがよろしくお願いします。


 下まぶたのふくらみたるみは疲れの印象を与えたり、老けてみられる要因となります。地下鉄に写った自分の顔でびっくりすることがありますよね。

 影があるのだからヒアルロン酸などでへこんでいるところを治そうと安易に考えるのは得策ではありません。膨らんでいるのだから、注入をすると、かえってふくらみが大きくみえることがあります。後ほど横から見た写真で説明しましょう。

 皮膚を切らず、結膜側から脂肪を取ればいい?私はおすすめしていない方法です。おまんじゅうのあんこだけ抜いたらどうなりますか?皮は余りますよね。

 ある程度の皮膚の弛みが生じた場合は、皮膚と筋肉の処理も必要と考えています。また、年齢による変化は、眼球を入れている眼窩周囲(骨の縁)のボリュームが減ることで現れてきます。出てきたふくらみ(脂肪)を取ってしまうなんてもったいない、これを利用した手術を行っていきます。

 私の行っている下まぶたのたるみ、ふくらみの改善手術の基本は、
(左眼です。上まつげから下まつげの方向へ見下ろした写真。大事な写真なためコピーライトをかけさせていただきました)

①睫毛下で皮膚、眼輪筋を切開 
②ふくらみ(脂肪)の袋を骨の縁まで展開
セプタム展開
③ふくらみの袋を開放して
セプタムを開放して


④袋を伸ばして骨の縁に移動し
セプタムを伸ばす


⑤骨膜に固定する
リムへ固定

⑥眼輪筋と皮膚を外上方へ引っ張って固定(余剰皮膚は切除)

を行っています。アカンベーにはなりません。この部位のキズは丁寧に縫合すれば分からないほどになります。これはハムラ法、正確にはハムラ変法に準じている手術になります。

 ダウンタイムはほぼ7日程度でお化粧にてカバーできるでしょう。

 影が出なくなり、頬も移動させた脂肪で高くなります。最小の侵襲で、若いお顔の印象が得られるすばらしい手術といえます。

 下眼瞼を展開するのは結構テクニックがいる手術です。操作が雑だと袋を破ってしまいます。頬骨骨折の手術で同じような展開を研修医の時から行っていましたので得意ですよ

あなたが選ぼうとしているクリニックは本当にハムラ法(ハムラ変法)ですか?


術前正面
術前。下眼瞼のふくらみとたるみ(+)。脂肪だけ取る手術はかえって老けてしまう。

術後3ヶ月正面
術後3ヶ月。影が出なくなったばかりか、目元の形態もよくなりました。

術前横
術前斜位。注入をしても出てきたふくらみは変わらない。

術後横
術後3ヶ月斜位。ふくらみを移動させたため、頬も高くなり形態が良くなりました。

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科
http://www.yoda-clinic.jp/ 予約専用 022-266-1120
二重・眼瞼下垂・フェイスリフト・シルエットリフト・豊胸・脂肪吸引・脱毛・ライムライト  ただいまお得なキャンペーン実施中
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です


↓↓↓ 参考になった方は是非、クリックをお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村


↓↓↓ いつもクリックありがとうございます。
プロフィール

よだ形成外科クリニック

Author:よだ形成外科クリニック
よだ形成外科クリニックのとあるスタッフ 
男性形成の予約を担当しています
院長は依田拓之(Hiroyuki Yoda M.D.)
包茎治療、ED、AGAの治療を自分の経験を含めて
このブログにて情報発信していきます。
よだ形成外科クリニック 形成外科・美容外科
仙台駅前 080-1857-9679(男性形成専用)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
QLOOKアクセス解析