散歩のパートナー、相棒のワンちゃんと東京散策してきました

梅が咲き、コブシ、木蓮、レンギョウ、
ユキヤナギ、満開だった、ソメイヨシノも八重桜に変わり、
庭にはビオラ、パンジー、水仙、
チューリップ、山には可憐なカタクリの花が咲き、
地元仙台は、まさに百花繚乱の季節ですが、
皆様お変わり御座いませんか。
朝晩はまだまだ冷え込むことも御座います。

体調管理には十分にお気を付けください。

よだ形成外科クリニックスタッフTです。

東昌寺境内のつくし

風にたなびく枝垂れ桜

枝垂れ桜と高層マンション


月初め、自宅近く、散歩コースにもなっている、
東昌寺枝垂れ桜を見て参りました。

花曇りの一寸風のある日でしたが、
春を感じる陽気で、境内の空き地に、
沢山のつくしが、にょきにょきと伸びていました。

芝浦ふ頭

東京タワーを散歩(A)

東京タワーを散歩(B)

芝浦ふ頭を散歩


4月の初め、相棒と東京の芝浦ふ頭を散歩しました。

東京は大きく、私と相棒は東京からパワーを頂いた感じがしました。

カタクリの花(A)

カタクリの花(B)

カタクリの花の群生

熱心に花を撮る人


都心では、桜は終わって、
見ることは出来ませんでしたが、
仙台での桜はこれからが見頃で、帰宅3日後、
長命館公園に行って見ました。

北門入口、50段の階段を登りきると、
カタクリの森に入ります。

沢山のカタクリが迎えてくれました。

館跡から梅園を望む満開の桜

可愛い寒緋桜


カタクリの森を左に迂回すると、梅園に入ります。
梅園も、隣の物見の岡も桜で満開でした。

南に登って行くと頂上が館跡。

館跡から眺める桜も満開でした。
館跡から右に下りて行くと、冠木門広場手前に、
一本だけ、
赤い可愛い桜「寒(かん)緋(ぴ)桜(ざくら)」に出会いました。

早咲きの桜で、色が濃くて美しい桜です。
花言葉は「あでやか美人」だそうです。

一本桜も全開(A)

一本桜も全開(B)

お花見広場全景

可憐な枝垂れ桜


お花見広場、当日は、ぱらぱらと、
にわか雨が降ったり、お日様が顔を出したりの、
あやしい天気でしたが、桜は満開、
花より団子の花見客で大いに盛り上がっていました。

広場にある唯一の枝垂れ桜
私は大変気に入って撮った写真が
「可憐な枝垂れ桜」です。

人気ブログランキングへ

よだ形成外科クリニック院長の手術ブログはこちら → 美への階段
よだ形成外科クリニック男性形成専門サイトはこちら→http://www.mens-plastic-surgery.com/

ポカポカ陽気に誘われて、長命館公園の梅林に行って来ました

今年の冬は記録的な寒さ、
大雪の被害が、連日ニュースで報道されていましたが、
皆様の処ではいかがでしたか。

季節の変わり目、体調管理には十分にお気を付けて下さい。

よだ形成外科クリニックスタッフTです。

カタクリの葉発見


3月の初旬の寒さを過ぎた11日、
相棒のワンコを連れて、久しぶりに、
長命館公園に行ってみました。

北入口の50段の階段を登ると、
カタクリの森に入ります。

春一番に咲くカタクリの花を期待していましたが、
一寸早かった様でした。

しかし、枯草の中から、
1枚だけカタクリの葉っぱを見つけることが出来ました。

早咲きの紅梅は満開(A)

早咲きの紅梅(B)

早咲きの紅梅(C)

フキノトウ発見


カタクリの森から、100段位階段のある坂を登ると、
梅林に着きます。

入口にある紅梅2本は見頃を迎えていました。
青空の中の紅梅に感動しました。

もう一つの感動は、フキノトウを見つけたことです。
一つだけでしたが、春を感じるには十分でした。

白梅の開花も始まる(A)
白梅の開花も始まる(B)


隣の白梅を見ると、芽も膨らみ、開花も始まっていました。

梅林全景の様子

ヤマガラ発見


梅林を奥に入って行くと、日向ぼっこをしながら、
楽しげに談笑をしている、
お年寄りお二人にお会い致しました。

最後の感動はヤマガラの歓迎でした。

早春の一時、感動の充実した時間を持つことが出来ました。

後日3日ほど暖かい日が続いたので、
カタクリの花、そして梅林は今が見頃だと思います。

一度見に行っては如何でしょうか。

ところで、ED薬、レビトラがメーカーの都合で製造が止まっております。

製造再開の折には、お知らせ致しますので、しばらくお待ちください。

人気ブログランキングへ

よだ形成外科クリニック院長の手術ブログはこちら → 美への階段
よだ形成外科クリニック男性形成専門サイトはこちら→http://www.mens-plastic-surgery.com/

大崎八幡宮のどんと祭(松焚祭)そして、その焚き上がる火「御神火」を目指して市内各所から参拝にやってくる、「裸参り」を見て参りました。

立春寒波で、全国各地で
大雪の被害がニュースになっておりましたが、
皆様の処はいかがでしたか。

御無事であることを、切に祈っております。

相変わらずインフルエンザも流行しております。

くれぐれもお身体には十分にお気を付けて下さい。

よだ形成外科クリニックスタッフTです。

小正月の14日当日、昼間は、ぽかぽか陽気で、
穏やかな天気でしたが、
現地に着いた午後6時頃は
厳しい寒い夜に変わっていました。


正月飾りを持ってきた事と、
あまりの寒さに、
最初に御神火が燃え盛る広場に行ってしまいました。

燃え盛る御神火

祈祷を済ませ御神火を周回する裸祭りの列

一寸緊張気味です

家内安全・無病息災を祈る

御神火の暖かさにほっとしたご様子

暖かさに話も弾む

背中も暖めてご満悦

にこやかなお二人さん


一般参拝者が持ってきた、
正月飾りなど、焼納するものは、
裸参りの人達が去っていく合間に、
火の中に投げ入れます。

含み紙をくわえ石段を登って来た若者達

本殿での祈祷に向かう若者達

一般の参拝者 長床前で一時ストップ

本殿で祈祷を受ける

お神酒も頂く

祈祷終了いざ御神火参り

本殿前の一般参拝者(A)

本殿前の一般参拝者(B)

厳寒の中お参りを済まし帰る裸参りの列

今年も家庭円満間違いなし

毎年のことながら、
今年の裸参りも厳寒の中で行われました。

今年は、家内安全、
無病息災の他、合格祈願もして参りました。

人気ブログランキングへ

よだ形成外科クリニック院長の手術ブログはこちら → 美への階段
よだ形成外科クリニック男性形成専門サイトはこちら→http://www.mens-plastic-surgery.com/

閖上の浜で初日の出を拝んで参りました

1月20日の大寒を迎え、
寒さも一段と厳しくなっております。

風邪など引かない様に、体調管理には十分注意して、
厳寒を乗り越えて下さい。

よだ形成外科クリニックスタッフTです。

昨年の締めくくりは、
仙台の冬の風物詩にもなっている、
SENNDAI光のページェントを楽しんで参りました。

”みんなで灯す、心の灯り“をテーマにした32回目の光の祭典は、
クリスマスも過ぎたこともあってか、
落ち着いた、伝統的な雰囲気で、
私には大満足でした。

市民広場入口のシンボルツリー

仙台の夜を走る「ループる仙台」

光のシャワーを浴びてハッピー(A)

光のシャワーを浴びてハッピー(B)
光の歩道は楽し

雪の舗道

ガラスに映し出される光のアート


前日から雪が降ったり、止んだりの寒い夜の撮影でした。

同行のIさんのお薦めで、国分町の市役所寄りにある、
成龍万寿山本店の、究極の四川料理、
水煮肉片(スイジュロウペン)を頂いて参りました。

餃子定食と水煮肉片、1皿(小)を2人で頂きましたが、
ピリ辛でボリュウム満点、
その上リーズナブルな値段でこれまた大満足でした。

3日後閖上海岸の浜辺で初日の出を拝んで参りました。

初日の出を待つ元気な若者達

バレーボールに興ずる若者達

初日の出直前の雲の様子

雲間からの初日の出

初日の出から30分後の閖上の浜

天気晴朗なれど波高し
掌からのご来光にご満悦なIさん
かさ上げ工事も正月休み


前日の天気予報通り、水平線からの初日の出は、
見る事が出来ませんでしたが、雲間からの初日の出、
30分後には雲から脱出した
初日の出を拝む事も出来ました。

波は高かったのですが、青空も見える、
暖かい、穏やかな元旦を迎えることが出来ました。

一之鳥居

提灯が飾られた百段の石段

三之鳥居と門松

社殿の門にあたる長床

黒漆の社殿には元朝詣りの人でいっぱい


元朝詣りは今年も、
大崎八幡宮にいって参りました。

国道48号線に面して建っている大鳥居が一之鳥居で、
石畳を登って行くと、仙台の三大鳥居としても有名な、
石の鳥居が二之鳥居で、
提灯で飾られた約百段の石段を登りきると、
表参道に続きます。

表参道の入口に、
三之鳥居が有り日本一の門松が
左右に飾られておりました。

表参道の両側には屋台がずらっと並び、
参拝の人達で大変賑わっておりました。

最後に国の重要文化財の長床をくぐると
国宝の黒漆の社殿が華麗な姿を現します。

社殿前には善男善女の人達で賑わっておりました。

今年も皆様には良い年であることを祈っております。

人気ブログランキングへ

よだ形成外科クリニック院長の手術ブログはこちら → 美への階段
よだ形成外科クリニック男性形成専門サイトはこちら→http://www.mens-plastic-surgery.com/

晩秋の小旅行をして参りました

今回は、中学時代のクラス会と
友人の展示会見学を兼ねての旅行でもありました。

師走に入り、一段と寒さも厳しくなって参りました。
インフルエンザに罹る患者様も増えてきたようです。

くれぐれも体調管理には、十分お気を付けて、
良い年を迎えられることを祈っております。

石垣で休むカワセミ

10月ザクラ

カラフルなもみじ

静かに咲く侘助

マユミ越しに見える古民家の工事

今回最初は横浜市鶴見区西部にある
馬場花木園」を訪れてみました。

仙台では、紅葉の見頃は終わりですが、
花木園はこれからが
秋本番と云ったところでした。

豊かな緑に包まれた、
野鳥も集まる和風の庭園で、
池のまわりを中心に、
四季折々の花々を
楽しむことが出来る公園のようです。

当日も「カワセミ」を、
写真愛好家の人達が、
超望遠レンズで撮っていました。

この時季に咲く「10月ザクラ」、
和風庭園にお似合いの「侘助」も撮ってみました。

また今回は
2週にわたっての休暇を頂いての旅でしたので、
一寸気ままに写真を撮ってきました。

秋谷・立石海岸

最初に連れて行って頂いたところは、
秋谷・立石海岸。

富士山を背景にした「立石」の夕景は、
絶景と言う事で連れて行って頂きましたが、
当日は雲が垂れ込めていて、
期待していた富士山も
夕陽も見ることも出来ませんでした。

写真に載っている素適なカップルも、
さぞ残念だったことでしょう。

横須賀ベルニー公園(A)

横須賀ベルニー公園の夜景(B)



帰りに横須賀港の見える「横須賀ベルニー公園」で夜景を撮ってみました。

友人の柳井さんと長女

大巧寺

ほととぎす

小紫式部

藪椿

南天桐

藪椿可憐な一輪

イワフジ

 
2日目は友人の柳井さんと私の長女が
案内をしてくれました。

待ち合わせ場所は、
鎌倉駅の目の前のお寺「大巧寺」でした。

「おんめさま」の愛称で多くの参拝者訪れる、
安産祈願のお寺で、
境内はこじんまりしているのですが、
この時季の花が沢山咲いておりました。

花の写真が撮りたいと、
私のたっての希望を汲んでの、
友人の配慮と分かりました。

境内に入ると、ほととぎす、
小紫式部、藪椿、南天桐、が迎えてくれます。

藪椿群の中に可憐な一輪も見つけました。

イワフジも存在感が有りました。

本堂に向かって奥に進むと、
初めて聞く名前の花達にも出会えました。

民家の軒下を走る江ノ電

極楽寺駅にはポストがお似合い

極楽洞から出てくる江ノ電


次は江ノ電に乗って
極楽寺に連れて行って頂きました。

江ノ電は、
以前乗ったかどうか思い出せませんが、
民家の軒下を通る区間もある事は知っていました。

極楽寺駅で降りて、木造の小さな駅舎、
無人駅、
駅前にはコンクリート製の赤いポストも立っていて、
いかにも鎌倉といった雰囲気を感じました。

極楽寺に向かう途中、
赤い欄干の桜橋が有ります。

その桜橋を見下ろすと、
江ノ電で唯一レンガ造りのトンネルに出会います。

長谷駅~極楽寺駅間にある、
全長200mのトンネルで、極楽洞と呼ばれております。

極楽洞から出てくる江ノ電の勇姿を、
写真に収めることが出来大満足でした。

極楽寺山門

極楽寺境内を覗く


次に極楽寺を見学致しました。

茅葺の山門を抜けると
敷石・桜並木の長い参道があります。

春には桜のトンネルで賑わう事と思います。

夏は真っ赤な花を付けるであろう、
百日紅の大木が印象的でした。

ただ極楽寺の境内では、
写真、スケッチが禁止されているのが、
写真に収めることが出来ず残念でした。
茅葺の山門と山門の外から境内の写真を撮らせて頂きました。

品格のあるお寺の印象を受けました。

老舗の和菓子屋 力餅家


極楽寺坂切通を下って、
長谷駅から鎌倉に戻りました。

途中、老舗の和菓子屋さん 力餅家で力餅をお土産に買いました。

お餅とあんこのハーモニーは、昔と変わらず、
美味しく頂きました。

日の出前の静かな海岸

日の出の瞬間


翌日の早朝、
野比海岸の日の出を拝んでから、
津久井浜のキャベツ畑に連れて行ってもらいました。

一面のキャベツ畑

キャベツ畑と富士山


キャベツに付着する朝露の光を撮って見たく、
お願いした次第ですが、
朝露が付いた
キャベツに出会うことが出来ませんでした。

しかし、偶然にも目の前に、
富士山が現れたのには、
思わずラッキーと叫んでしまいました。

お客さんで賑わう浅草雷門

宝蔵門と仲見世通り

浅草寺の五重塔

浅草寺境内からスカイツリーを望む

昔と変わらない甘味処 梅むら

昔と変わらない豆かんの味


最後の見学は浅草に決まりました。

京急長沢から浅草まで、
乗り換えなく行ける便利さに驚きました。

15,6年振りの浅草でしたが、
私には昔と変わらない浅草でした。

雷門の賑わい、仲見世通り、
宝蔵門の混雑は、15年前と同じでした。

浅草寺の境内から見える、
ノッポのタワーは以前にはありませんでしたが、
今では東京スカイツリーとして
浅草に溶け込んでいる様に感じました。

最後に昔はよく食べに来た、
浅草寺の裏にある、梅村の豆かん。

真っ黒で艶のある、割れもなく、
柔らかな豆と黒みつのハーモニーは最高でした。 

最後に今回の小旅行では、
千葉様ご夫妻、柳井様ご夫妻には
大変お世話になりました。

両ご夫妻には、過分なおもてなしを受けて、
大変恐縮いたしております。

改めて御礼申し上げます。

人気ブログランキングへ

よだ形成外科クリニック院長の手術ブログはこちら → 美への階段
よだ形成外科クリニック男性形成専門サイトはこちら→http://www.mens-plastic-surgery.com/
プロフィール

よだ形成外科クリニック

Author:よだ形成外科クリニック
よだ形成外科クリニックのとあるスタッフ 
男性形成の予約を担当しています
院長は依田拓之(Hiroyuki Yoda M.D.)
包茎治療、ED、AGAの治療を自分の経験を含めて
このブログにて情報発信していきます。
よだ形成外科クリニック 形成外科・美容外科
仙台駅前 080-1857-9679(男性形成専用)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
QLOOKアクセス解析