暑中お見舞い申し上げます

仙台も梅雨明け宣言を受け、本格的な夏を迎えましたが、
皆様の処は如何ですか。

梅雨が明けると猛暑が待ち受けております。

これからは、熱中症などには、十分に注意をなさって下さい。

よだ形成外科クリニックのスタッフTです。

今回は仙台のアジサイ寺として親しまれている、伊達五山の一つ慈雲山資福寺のアジサイを紹介させて頂きます。
慈雲山 資福寺入口
山門・参道のアジサイ


大衡仙台線を仙台に向かって行きますと、途中北山トンネルを出て、
すぐの信号を左折し北山街道を、100mも行かない左側に、
慈雲山資福寺の石碑が立っています。

夏を告げる、立葵の花が迎えてくれます。

参道に入るとアジサイが歓迎してくれます。

可憐なガクアジサイ
ガクアジサイ(A)
アジサイ(B)
アジサイ(C)
アジサイ(D)


アジサイは、一般に土壌が酸性ならば青、
アルカリ性ならば赤系の紫の花が咲くと言われています。

又、花の色は開花から日を経るに従って徐々に変化します。

最初は花に含まれる葉緑素のため薄い黄緑色を帯びており、
それが分解されていくと共に、補助色素が生合成され赤や青に色づき、
さらに有機酸が蓄積され、青色の花も赤味を帯びるようになるそうです。

これは花の老化で、土壌の変化とは関係なく起こる様です。

このようにアジサイは、花の色が変わる事から“七変化”とも呼ばれています。

観音堂
本堂につづくアジサイと竹林の道
宝石の様な純白のアジサイ
雨上がりのガクアジサイ
木漏れ日の中のアジサイ
二宮金次郎の像


資福寺の開祖“虎哉和尚”は伊達政宗の父親、
輝宗に請われて米沢の資福寺の住職になり、
政宗の学問の師匠になります。

政宗と終生師弟関係は続き、
政宗の転封に従って岩出山、仙台と移転してきています。

また甲斐の武田家の菩提寺、恵林寺の住職で、武田家滅亡の折、
焼け落ちる館の中で「心頭滅却すれば火も亦涼し」の
名言を残した名僧“快川紹喜”は“虎哉和尚”の師匠だったことも知りました。

山門をくぐると、境内左側に観音堂が有ります。

この観音堂は仙台三十三観音の第三札所で、
観音像は藤原秀衡の子息、
和泉三郎忠衡の守り本尊で八百年以上前の作と言われています。

境内右側には、昔懐かし二宮金次郎の像が建っています。

これは資福寺で政宗が虎哉和尚から学問を受けたことで、
“学問の寺”として知られているからではないでしょうか。

鐘楼とアジサイ
泰山木


鐘楼の手前に毎年気になる泰山木が立っています。

今年も真っ白な花を見ることが出来ました。

花心門
青空の様なアジサイ
アジサイ娘 Aさん


裏門を出ると、花心門と書かれた看板が門の上に掛けられ、
左側には花心門と彫られた石碑が立っていました。

アジサイ寺にふさわしい、素敵な看板と石碑でした。

裏庭に向かうと、青空を思わせる、真っ青なアジサイと、
可愛い娘さんにお会いすることが出来ました。

ポーズを付けて撮らして頂き有難う御座いました。

↓↓↓↓↓↓↓↓クリックをどうぞよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

よだ形成外科クリニック院長の手術ブログはこちら → 美への階段
よだ形成外科クリニック男性形成専門サイトはこちら→http://www.mens-plastic-surgery.com/

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科
http://www.yoda-clinic.jp/   
男性形性予約専用 080-1857-9679(男性が応答します)
AGA プロペシアの処方、ED バイアグラ・レビトラ・シアリスの処方、形成外科技術を駆使した包茎手術、男性の毛の悩み レーザー脱毛  
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓拍手のクリックをよろしくお願いします

梅雨の合間を縫って初夏の景色を撮って参りました

一か月前、利根川水系渇水のニュースが入ったかと思いきや、
各地で何十年振りかの集中豪雨のニュースが入る今日この頃ですが、
皆様の処はいかがですか。

楽しい夏休みを迎えられることを祈っております。

よだ形成クリニックのスタッフTです。

仙台市が梅雨入り宣言した二日後、蔵王エコーラインの途中にある、
落差181mの“三階の滝”を滝つぼ近くまで下りて、
三脚を使って撮る計画で出掛けました。

今回はテニス仲間の、写真家Oさんの指導を受けながらの挑戦と言う事で、
安心して張り切って出かけました。

紅葉の時季、赤く染まった山肌を、細く3段になって落下する様を、
滝見台から遠望した経験は、2,3回有りましたが、
恥ずかしながら、その滝が、三階の滝とは知りませんでした。

濃霧の掛かった滝見台(三階の滝)入口
蔵王不動尊像
模様が楽しい畑


結局滝見台に着いて見ると、霧が深く、視界が10m位で、
今回の計画は叶えませんでした。

豪快に流れる、不動滝も見ることが出来ませんでした。

急遽、秋保大滝に予定を変更しました。遠刈田温泉まで下りてくると、
霧は晴れて、曇り空でしたが、Oさんとの初めてのドライブ、
途中の景色を見ながら、写真談義で楽しい時間を持つことが出来ました。

秋保大滝(A)

秋保大滝(B)

滝つぼから撮る
もののけ姫の世界


今回のテーマは“水の流れを表現すること”で、
三脚を使ってシャッター速度を遅くしての撮影でした。

体験してみて、三脚を装着してのカメラワークの難しさを実感いたしました。

四日後多賀城のあやめ祭りに行って来ました。

二年前あやめ祭りに来た時、「会場の西側の小高い丘に、
奈良時代に作られた、
政府の出先機関が有って東北地方を統治していた。」
と云う話は聞いておりました。

今回は、古代ロマンが感じられる、多賀城跡を覗いてきました。

古代ロマンの世界への入口
多賀城碑


多賀城跡あやめ園から西側の、小高い丘を登って行くと、
多賀城碑が有りました。

ボランティアの方が、親切に説明されていました。

平城京をはじめ、各地から多賀城までの距離、
多賀城の創建・修造の来歴が刻まれた石碑で雨風から守るために、
覆堂の中に収められておりました。

製作は奈良時代で、江戸時代に発見された様です。

政庁南大路
政庁跡

桜の古木


多賀城碑から北へ上ると、県道35号線に出ます。

信号を渡ると外郭南門跡から政庁跡へと続く真っすぐな道にはいります。

当時は城内のメインストリートだったと思います。

重要な政務や儀式が行われていたであろう、多賀城の中心施設、
政庁は今で云う県の合同庁舎の様なものだったと思います。

現在は史跡公園として整備されており、春には花見の人気スポットとして賑わっていることでしょう。

私も政庁跡の石垣に腰かけて、しばらく当時の生活の中での自分を想像してみました。

夕方ひと時、心地よい風を受けながら、悠久の時の流れを感じることが出来ました。

あやめ(A)

あやめ(B)

あやめ(C)

あやめ(D)


途中「全国市町村あやめサミットin多賀城開催記念」の看板が立っていました。

このような“あやめ祭り”には各市町村の交流があって、
お互い手塩にかけて育てた作品を、持ち寄って展示しているようです。

あやめ(E)

あやめ(F)

あやめ(G)


あやめ(G)の作品は、珍しい色彩でしたので撮ってみました。

県名は無かったように思います。

見事な作品を拝見させて頂き有難うございました。

来年もまた楽しみにしております。 

↓↓↓↓↓↓↓↓クリックをどうぞよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

よだ形成外科クリニック院長の手術ブログはこちら → 美への階段
よだ形成外科クリニック男性形成専門サイトはこちら→http://www.mens-plastic-surgery.com/

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科
http://www.yoda-clinic.jp/   
男性形性予約専用 080-1857-9679(男性が応答します)
AGA プロペシアの処方、ED バイアグラ・レビトラ・シアリスの処方、形成外科技術を駆使した包茎手術、男性の毛の悩み レーザー脱毛  
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓拍手のクリックをよろしくお願いします

新緑の季節の中、輪王寺庭園のアヤメを撮って参りました

夏に向かって、だんだんと緑が濃くなり、
しかし朝晩の冷たさもまだ感じられるこの頃ですが、
皆様は如何ですか、風邪など引かない様にお気を付けて下さい。

よだ形成外科クリニックのスタッフTです。

回遊式庭園
カキツバタと三重の塔
優雅に泳ぐ鯉
カモも迎えてくれました


青葉区北山にある輪王寺庭園は、東北有数の名園に選ばれた、美しい庭園です。

また、輪王寺庭園は池と、その周囲を巡る園路を中心に作庭された、
池泉回遊式庭園で、中央の大きな池には鯉がゆったりと泳いでいました。

東屋より望む三重の塔
満開のアヤメ


今回の撮影は、三重の塔を背景にして、
カキツバタそしてアヤメを撮ろうと思って来ました。

しかし池の周りに咲く、黄色のカキツバタは満開を少し過ぎてしまって、
ちょっと残念でした。

新緑の庭園
ツツジも咲き始めました
八重咲きのツツジ
宮城県の花 ミヤギノハギ

初々しいミヤギノハギの若葉
盆栽の様な赤松
名園を守る庭師
五重の塔(自然石)


新緑に萌える木々からは、若さを頂けます。

ツツジも咲き始め、珍しい?八重咲きのツツジも発見しました。

秋には主役にもなる、宮城県の県花、
ミヤギノハギの初々しい若葉も拝見致しました。

枝ぶりの良い、剪定の行き届いた松の木にも感動しました。

何よりも嬉しかったのは、剪定の仕事で忙しい、
庭師の親方の対応でした。

花木の事はもとより、写真の絶景スポットまで、
親切丁寧に教えて頂きました。

ご迷惑をお掛けして申し訳御座いませんでした。

お詫び致すと共に、改めてお礼申し上げます。
有難う御座いました。

そんなこともあって、今回も輪王寺庭園のシンボルでもある、
自然石で作られた五重の塔を撮る事を忘れてしまいました。

幸いにも、庭師の皆さんが作業されている様子を、
撮った写真の一部に、写っていたので載せてみました。

シャガの花
日本庭園に満足なお二人


又池の方に戻る途中、軒先に咲いているシャガの花を見つけました。

別の場所でも見たように思いますが、この時季、
日蔭に咲くシャガの花を見ると風情があって大好きですが、
何か物寂しさを感じるのは、どうしてでしょうか。

池に戻ってゆったりと泳いでいる鯉をみていると、
にこにこしながら、お喋りしている、
若い二人の女性に出会いました。

「ハロー」しか話せない自分が情けなく感じました。

進入禁止の目印(A)

進入禁止の目印(B)


庭園を出て、第2駐車場に向かう途中、
本堂の裏に入る、裏木戸が有り、門の前に紐を結んだ石がありました。

運よく庭師の親方に出会いましたので、
何の為の石であるのかを、お聞き致しました。

この木戸から入らない為の、印の石であることを教えて頂きました。

最後まで親切に教えて頂き有難うございました。


↓↓↓↓↓↓↓↓クリックをどうぞよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

よだ形成外科クリニック院長の手術ブログはこちら → 美への階段
よだ形成外科クリニック男性形成専門サイトはこちら→http://www.mens-plastic-surgery.com/

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科
http://www.yoda-clinic.jp/   
男性形性予約専用 080-1857-9679(男性が応答します)
AGA プロペシアの処方、ED バイアグラ・レビトラ・シアリスの処方、形成外科技術を駆使した包茎手術、男性の毛の悩み レーザー脱毛  
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓拍手のクリックをよろしくお願いします

桜名所百選の地、白石川堤“一目千本桜”を見て参りました。

地元仙台では、はっきりしない天気が続いておりますが、
皆様いかがお過ごしですか。

4月14日に熊本県を中心とした大地震が起こり、
余震による土砂崩れと相まって、
大変な被害が起きてしまいました。

災害に見舞われた皆様には、心からお見舞い申し上げます。
と同時に元の生活に早く戻れることを祈っております。

よだ形成外科クリニックのスタッフTです。

一目千本桜の花見は今回で2回目です。

前回は仙台に来て、間もないこともあって、予備知識もなく、
3人の仲間に連れられて来ました。

ダイナミックに咲き誇る桜が印象的でした。

さくら祭り会場入り口
古木の桜の花吹雪(A)
古木の桜の花吹雪(B)
今回はブログで紹介できればと、
傑作を撮る目的をもって、張り切って出かけて来ました。

結果的には、天気は1週間前がベストだった事、
絶景スポットを事前に調べておくことが出来なかった事などの
反省点がありましたが、
一番の反省点は、カメラ操作の勉強不足でした。

対岸の桜と蔵王連峰(A)
対岸の桜と蔵王連峰(B)
蜜を吸うカケス
のどかなお花見屋形船
しかしお花見の前に立ち寄った、
大河原町役場で対応して頂いた職員さんの態度の素晴らしさに
感動いたしました。

実は、白石スバッシュランドパークの芝桜も気になっていたので、
お聞きしたところ、直ぐに先方に電話して、
様子を聞いて頂き、説明をして頂きました。

結果は半月後が見頃との説明を頂きました。

さすが白石川堤「一目千本桜」が桜名所百選に選ばれるにふさわしい地で、
その地の役場が大河原町役場であることにも納得致しました。
船岡城址公園につづく桜坂
桜のトンネルを走るスロープカー(A)
桜のトンネルを走るスロープカー(B)
次に柴田町の船岡城址公園の桜まつりを見に行きました。

満開の桜のトンネルを抜けて頂上駅に向かうスロープカーが印象的でした。

桜とシャクナゲの競演
桜を見守る平和観音
船岡城址公園山頂から街を望む
しばた千桜橋
一目千本桜を走る東北本線

船岡城址公園山頂から望む町並を見ている中で、
電車が走る姿をみて、
子供の様に興奮致しました。

帰りは宮城蔵王の麓にある、鎌先温泉に立ち寄り、
日帰り入浴を楽しんで参りました。

満足いっぱいの一日でした。

一週間後、福島県土湯温泉、仁田沼の水芭蕉を撮りに行って来ました。

東北自動車道、
福島西インターを降りて県道115線で土湯温泉に向かいました。

安達太良連峰と菜の花

途中まだ雪を被った安達太良連峰が我々を迎えてくれました。

30分足らずで土湯温泉に着き、
10分足らずで仁田沼入口の駐車場に着きました。

森林浴しながらの散策
)仁田沼 水芭蕉群生地
春の訪れを告げる水芭蕉(A)
春の訪れを告げる水芭蕉(B)
春の訪れを告げる水芭蕉(C)
時季が少し早すぎたのか、水芭蕉は6分程度の開花でしたが、
森林セラピーマップ片手に、
マイナスイオンいっぱいの森林セラピー体験をして参りました。

安達太良連峰の箕輪山を望む女沼
女沼湖畔の山桜(A)
女沼湖畔の山桜(B)
満開の山桜
仁田沼を一周した後、女沼に寄ってみました。

途中カタクリの群生地を通ってもっと進むと、女沼が開けてきます。

安達太良連峰の箕輪山を望む女沼は神秘的で感動いたしました。

また女沼湖畔の山桜の群生も最高でした。


↓↓↓↓↓↓↓↓クリックをどうぞよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

よだ形成外科クリニック院長の手術ブログはこちら → 美への階段
よだ形成外科クリニック男性形成専門サイトはこちら→http://www.mens-plastic-surgery.com/

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科
http://www.yoda-clinic.jp/   
男性形性予約専用 080-1857-9679(男性が応答します)
AGA プロペシアの処方、ED バイアグラ・レビトラ・シアリスの処方、形成外科技術を駆使した包茎手術、男性の毛の悩み レーザー脱毛  
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓拍手のクリックをよろしくお願いします

素敵な公園に巡り合いました。

“暑さ寒さも彼岸まで”の言葉通り、彼岸に入ったら、
暖かくなったと思いきや、“寒の戻り”で寒さが逆戻り。

体調管理には苦労なさったことと思いますが、皆様は如何でしたか。

よだ形成外科クリニックのTです。

 杜の都 緑の名所100選の一つ“長命館跡公園”に行って参りました。

仙台市のホームページには、“歴史ある中世の館跡を偲ぶ公園”として紹介しております。

場所は東北大学病院方面から来ますと、
輪王寺のある、北山トンネルをくぐって、大衡方面に向かう県道264号線(大衡仙台線)を大衡方面に向かいます。

途中仙台北環状線(長命ケ丘東)の大きな交差点を越して、
次の交差点を右折し、直進すると、500m先に賀茂神社があります。

そこから900m位行きますと、右側に6台位の駐車スペースのある、
「長命館公園の北入口」に着きます。

公園北入口前の景色
公園北入口


今回は早春のウメを撮る目的で、初めて来た公園ですが、
入口、園内には長命館の概要、歴史、公園の地図がパネルで紹介され、
要所には丁寧な標識、散策コースの案内図と大変親切な公園でした。

散策コース付きの標識
カタクリの森

カタクリの花発見


北入口から入りますと、すぐに50段の階段が待っていました。

登りきって右に行きますと、カタクリの葉が見える、カタクリの森に入ります。
(1週間後に行った時には、3輪の花を発見致しました。)

尚右に進んでいくと木の橋が有り、野鳥の森、水鳥の丘へと続きます。

野鳥の森
水鳥観察小屋
水鳥の丘
野鳥観察小屋
観察小屋の窓からの景色


野鳥の森、水鳥の丘には観察小屋があり、
小鳥をゆっくりと観察できる、窓が開けられておりました。

野鳥の森の観察小屋の窓からは、小鳥を観察することは出来ませんでしたが、
泉ヶ岳を遠くに見ることが出来ました。
(6日後8時前に行った時にはウグイスの声を聴くことが出来ました。)

梅園(A)

梅園(B)

青空が似合います

羽二重で作ったような梅の花


散策路を左にカーブして登って行くと目的地の梅園につきます。

満開を過ぎたウメもありましたが、十分満足な光景を撮ることが出来ました。

ただ梅の香りが少なく感じられたのは、ちょっと遅かったのかもしれません。

館跡のあずま屋から梅園を望む


梅園から少し登って行くと、館跡にでます。

午後のひと時を、あずま屋でのんびりと,梅園の全景を眺めていました。

長命館跡は、この地の領主であった長命氏が
高さ90mほどの丘陵の地形を巧みに利用して築いた館跡だそうです。

現在は、長命館跡の歴史を後世に残すため、歴史公園として整備され、
”風の子公園“と呼ばれているそうです。(仙台市のホームページより)

あずま屋と桜の大木


そして周りを見回すと、桜の大木も、私を迎えてくれました。

「4月の満開時期には必ず来るから」と、大木と約束致しました。

館跡の椿(A)

館跡の椿(B)

館跡の椿(C)


隣を見ると光沢のある緑の木に真紅の椿の花が咲いていました。

この時期の館跡の椿は最高でした。
歴史ある城跡、館跡には椿は良く似合います。

お花見広場(井戸跡)
お花見広場
桜の蕾


館跡を南に下って行くと、お花見広場に出ます。

入口の右側に、白いシートに土が被さった、盛り上がりがありました。
井戸跡の様です。

広場の回りを見回すと、桜の古木が沢山ありました。

つぼみも大分膨らんできていました。

館跡の桜と一緒になって、満開時の公園を想像すると、今からワクワクしてきました。

冠木門
桜井史朗ご夫妻


最後に冠木門を通って、物見岡に登っていきました。

途中素敵なご夫妻に出会いました。

ご主人を介護しながら、にこやかにお話ししている、
ほほえましい姿のご夫妻に、何気なく挨拶を致しました。

公園での感動もあったのか、立ち話をしてしまい、
館跡の歴史の事、公園の事などをお聞きして、
記念にと一枚写真を撮らして頂いたのがきっかけで、
お互いの自己紹介をさせて頂きました。

ご近所にお住まいで、ご主人は3月11日の大震災の際、
旅行中の石巻市の金華山で被災され「生かされた命」を意識したと言われておられました。

それがあって現在は、四国遍路をモデルに、
“みちのく巡礼の道”を構築したいと活動している方でした。
構築される事を祈っております。 

物見岡展望台
泉中央方面を望む


最後にたどり着いたのが、物見岡です。

“物見岡城といわれた長命館跡”として古文書に記されています。

昔から直ぐ東側を通る秀衡街道と呼ばれていた古道沿いにあったことから、
平泉への道筋にある重要な城で、物見台、ノロシ台として重用されたところであろうと、記されています。

現在は展望台が有り、泉区の町並を始め、遠くは仙台港や七ツ森も一望できるそうです。
回りは桜の木が生い茂り、桜の名所であることを確信いたしました。

追伸

後日七北田公園で黄金色の花を咲かせていた、サンシュユを見つけました。

余りにも美しかったので載せてしまいました。

サンシュユの木(A)

サンシュユの木(B)

黄金細工のようなサンシュユの花


↓↓↓↓↓↓↓↓クリックをどうぞよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

よだ形成外科クリニック院長の手術ブログはこちら → 美への階段
よだ形成外科クリニック男性形成専門サイトはこちら→http://www.mens-plastic-surgery.com/

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科
http://www.yoda-clinic.jp/   
男性形性予約専用 080-1857-9679(男性が応答します)
AGA プロペシアの処方、ED バイアグラ・レビトラ・シアリスの処方、形成外科技術を駆使した包茎手術、男性の毛の悩み レーザー脱毛  
土、第2・4日曜も診療、手術が可能です

↓↓↓拍手のクリックをよろしくお願いします
プロフィール

よだ形成外科クリニック

Author:よだ形成外科クリニック
よだ形成外科クリニックのとあるスタッフ 
男性形成の予約を担当しています
院長は依田拓之(Hiroyuki Yoda M.D.)
包茎治療、ED、AGAの治療を自分の経験を含めて
このブログにて情報発信していきます。
よだ形成外科クリニック 形成外科・美容外科
仙台駅前 080-1857-9679(男性形成専用)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
QLOOKアクセス解析